All about Photonics

Business/Market 詳細

HB-LED市場、2023年までCAGR 10%成長

October, 19, 2017, Maharashtra--Occams Business Research & Consultingのレポートによると、高輝度LED(HB-LED)世界市場は、2016-2023年の予測機関にCAGR 10%で成長する。LED製品の過剰供給とLED産業の大成長により、HB-LEDの平均販売価格(ASP)が下落した。Consumer Reportsによると、インドでは、LED電球の価格は、2017年にRs 38まで下落し、これは2014年の記録は55だった。したがって、LED電球の価格下落が、HB-LEDの普及促進に寄与している。
 世界のHB-LED市場の成長を後押しする要因は、エネルギー効率のよい照明製品に対する需要拡大である。世界的な消費電力増加により、省エネ照明の需要が伸びてきている。建築科学会(NIBS)によると、米国では電力に年間370憶ドル以上を支出しており、電力予算の約25%が電気と照明に支出されている。さらに、商用アプリケーションに、電力全体の30%が消費される。さらにまた、電気技術によると、従来の高放電電球や蛍光灯が全電力エネルギーの90%を消費する。したがって、コンパクト蛍光灯(CFL)、HB-LEDなどのエネルギー効率のよい照明がますます採用されるようになっている。さらに、電気技術によると、電力の90%が従来の電球によって無駄に消費され、電力のわずか10%をHB-LEDが消費している。したがって、エネルギー効率のよい照明製品に対する需要増は、HB-LED世界市場の成長を促進することになる。
 世界の高輝度LED市場レポートは、地域的には北米、APAC、ヨーロッパ、その他(RoW)に分けられている。
 APACが、市場販売額に関しては、世界のHB-LEDの最大地域市場。APACの市場成長の主要原動力は、中国における巨大なLED市場とLED技術における進行中の技術革新。さらに、米国エネルギー省(DOE)によると、中国のLED市場は、2015年に15.3%成長、2014年は13%、2013年では10.7%成長だった。さらに、APACにおける、Epistar、LG Innotek, Moritex, Nichiaなどの大手LEDメーカーの存在が、世界的なHB-LED市場の成長の原動力となっている。しかし北米は、2016-2023年の予測期間で、最速成長地域市場となる見込みである、これは省エネ、およびグリーン技術促進のためにHB-LED採用が増えるからである。