All about Photonics

Business/Market 詳細

ハイエンド照明市場、CAGR 6.1%成長で2025年に243億ドル

September, 21, 2017, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research)のレポートによると、世界のハイエンド照明市場は、CAGR 6.1%成長で2025年には243億2000万ドルに達する見込みである。
 コネクティッド照明システム需要の増加が市場成長の原動力になっている。コネクティッド、調光、色の変化、センサ対応照明など、この特殊市場における主な技術的イノベーションが、市場の成長に大きく貢献してきた。
 近年のLED採用がハイエンド照明への市場の動力学を変えた。ハイエンド照明では、以前は蛍光灯、ハロゲン、白熱電球が優位を占めていた。全ての主要国の政府は、省エネと環境汚染低減のために、LEDを採用する政策をとっているので、ハイエンド照明市場はさらに成長すると見られている。
 2016年、ハイエンド蛍光灯は、最大収益を生み出した。ハイエンドLED照明需要は増加しており、2025年までには市場シェアは非常に大きくなると予測されている。強化されたLEDの特徴、白熱電球を禁止する政府の政策、エネルギー効率のよい照明に対する需要増などの要素が、ハイエンドLEDの市場成長を後押しすると見られている。
 有線アプリケーションを持つハイエンド照明は、2016年にシェアを拡大し、予測期間を通して市場で優位を占めると見られている。しかし、ワイヤレスハイエンド照明市場は高い成長率が予測されている。これは、スマートフォンを介した遠隔制御動作、調光&色の変化、WiFiやBluetooth接続など、技術的な進歩によるものである。ワイヤレス照明は、インテリアを損なうことなく簡単に導入でき、有線よりも高効率であるので、結局のところ、ワイヤレスハイエンド照明需要が、予測期間で伸びると見られている。
 2016年、商用ハイエンド照明は市場シェアが32%を超えたが、住宅用ハイエンド照明が依然として最大市場シェアを維持。産業用ハイエンド照明は、予測期間で飛躍的に成長する見込みである。これは、増加する産業照明基準と規則によるものである。

調査結果の要点
・世界のLEDハイエンド照明需要は、2016年に51億2000万ドル、次の9年で驚愕の成長が予測されている。
・有線ハイエンド照明セグメントは、予測期間でCAGR 4.9%成長が見込まれている。
・最新のハイエンド照明セグメントは、2017-2025年にCAGR 6.8%成長が予測されている。
・APAC地域は、次の10年で大きな成長が見込まれている。これは主要経済諸国で多様な開発が進むためである、特にLEDおよびOLED照明市場。この地域の市場は、2017-2025年にCAGR 8.5%成長が予測されている。