All about Photonics

Business/Market 詳細

照明制御システム市場、2023年に386億ドル超

August, 24, 2017, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の「照明制御システム市場、2023年までのグローバル予測」によると、市場は、2016年に122億2000万ドル、2017-2023年にCAGR 17.82%で成長して、2023年には386億7000万ドルに達する見込みである。
 照明制御および管理システム市場成長の原動力としては、エネルギー効率のよい照明制御と管理システムに対する強い要求、照明業界におけるIoT採用増、照明制御標準プロトコルの採用、近代化とインフラストラクチャ開発などの要素があげられる。
 ハードウエアコンポーネントセグメントが、2017-2023年に照明制御システム市場で大半のシェアを維持すると見られている。照明制御システムでの採用が広がるためである。照明製品におけるハードウエアコンポーネントは、LEDドライバとバラスト、センサ、スイッチ、調光器、リレイユニット、ゲートウエイ。LEDドライバとバラスト、スイッチ、調光器が、予測期間においてハードウエアコンポーネント照明制御システム市場で大きなシェアを占める。
 屋外照明アプリケーション向けの照明制御システム市場は、最高成長率が予測されている。屋外照明に含まれるのは、ハイウエイ、道路、橋梁とトンネル、建築照明、スタジアムや公園などの公共広場の照明。また、港などの他の照明アプリケーションも含まれる。特にAPACの途上国における道路と道路照明の建設で接続性強化に対する注力がこれらの市場の成長に拍車をかける。

2016年APACが照明制御システム市場で最大シェア
APAC地域は、2016年の照明制御システム市場で大きなシェアを占めた。また同様のトレンドは、予測期間においても続くと見られている。APACの最大市場シェアは、この地域、特に中国における急速なインフラストラクチャ建設によるものである。中国では、照明制御システムがインフラストラクチャの近代化に道を開く。