All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明アプリケーションのポリカーボネート市場予測

November, 22, 2016, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、LED照明におけるポリカーボネート(PC)の世界的な利用調査結果を発表した。レポートでは、2015年の実際の消費市場データ、および2022年までの年ごとの予測を提供している。
 ElectroniCastの推定では、12万3090メートルトン(MT)のポリカーボネートレジンが、2015年LEDランプと照明器具の選択パーツの製造に使われた。
 LEDは、機能照明器具と装飾照明器具の両方に利用されている。白熱電球照明に比べて、LEDベースの固体照明(SSL)は発熱が少ない可視光。また、固体であるため、衝撃、振動、損耗耐性が高く、寿命が大幅に伸びる。
「LED光源は非常に耐久性が高く寿命が長い(例えば10年)ので、LEDランプあるいは照明器具の部品(コンポーネント)も耐久性が高く長寿でなければならない。ポリカーボネートは市場におけるLED照明の成功に不可欠の材料である」とElectroniCastのLEDグループ主席アナリスト、Stephen Montgomery氏は説明している。
 部品(コンポーネント)は、LEDランプおよび照明器具に使用される。市場予測は、次のポリカーボネート部品について提供している。レンズ/オプティクス/ディフューザ(拡散器)、反射器、ヒートシンク、筐体/封止部、ライトガイドなど。