All about Photonics

Business/Market 詳細

LRC、SSL研究をコネクティッドライティング、3Dプリンティングに拡大

ledinstcollage2

October, 18, 2016, NY--ニューヨーク、トロイ(Troy)、照明リサーチセンタ(LRC)で11月15-17日に予定されているLEDと固体照明(SSL)技術の最新成果をカバーする業界プロフェッショナル向けセミナは、コネクティッドライティングと3Dプリンティングに地平を広げる。この2つの分野は、SSL業界が、生産者とユーザのために価値を付加し利益を刈り取れる領域と捉えられている。
 昨年、LRCは、省エネを超える照明の価値を示すというリサーチにより、SSL産業をサポートするコースを設けた。カスタマイズやデータ解析へのトレンドを受け入れ、SSL研究は進化してネットワーク化/コネクティッドライティングなどの新たな展開を含むようになっている。これは、インターネット・オブ・シングズ(IoT)、照明コンポーネントの3Dプリンティングによって可能になっている。LED照明研究所は、SSL市場におけるこのような成長トレンドを呼び物にし、参加者がこうした分野の最先端の研究について理解を深めるように支援する。
 コースのコアの構成要素は、LEDやOLED技術であり、参加者はLEDやOLEDを構造的な照明フィクスチャデザインや照明システムに組み込むベストの方法を学び、広範なメーカーからのシステムコンポーネントを比較して動作特性、定格寿命、ルーメン出力、分配、他の重要な仕様要素を定めることができる。