All about Photonics

Business/Market 詳細

世界LiFi市場トレンド、予測、成長見通し

October, 7, 2016, Toronto--TechNavioリサーチの調査によると、世界LiFi市場は、2016-2020年の予測期間にCAGR約48%で成長する。
 TechNavioリサーチは、世界のLiFi市場をエンドユーザに基づいて分類している。2016年のエンドユーザ別の世界LiFi市場シェアは、小売(30%)、家電(27%)、自動車および交通(18%)、ヘルスケア(12%)、防衛とセキュリティ(9%)、その他(4%)となっている。

小売
小売セグメントは、2016年世界LiFi市場で約30%のシェア。LiFi技術は、小売商が顧客のショッピングエクスペリアンス増進、よりよい価値を生むために使用できる。小売店では、約60%の顧客がモバイル電話を使い、約70%の販売が列に並んでいる間に行われる。この技術により、店の照明ネットワークが2つの主要な方法で買い物客と通信できるようにする。1つは、買い物客がリストで探している特定商品がすぐに手にとれるようにする、さらにモバイルの客に提案、クーポン、レシピを提供できるようにする。
 M2Mやコネクティッドデバイスを担当するアナリスト、Abhishek Sharma氏は、小売業におけるLiFi技術について次のように説明している。「2015年にLiFi技術のライブトライアルが、フランス、ベルギー、エストニア、インドのショッピングモールや美術館で行われた。LiFi技術の採用は小売店の目標とする宣伝だけでなく、販売改善にもなる。この技術の採用が増えれば、今後、小売分野の大きな成長要因になる」。

コンシューマエレクトロニクス
2016年コンシューマエレクトロニクス分野は、LiFi市場の27%を超えるシェア。LiFi技術の利用により、ラップトップ、スマートフォン、タブレットおよびその他のモバイル機器は、直接相互接続が可能になる。短距離リンクでは、安全と高帯域データレートが可能になる。モバイルネットワークの過剰な容量要求は、LiFiが利用できるところならどこでも簡単にLiFiネットワークにオフロードできる。これは、通常混雑が起こっているダウンリンクでは、さらに効果的である。コンシューマエレクトロニクスの利用は、LiFi技術の導入によって、障害なく利用できるようになる。LiFi技術のアプリケーション増加で、予測期間においてコンシューマエレクトロニクス分野は成長が見込める。

自動車と交通
自動車と交通セグメントは、世界のLiFi市場でシェア約18%だった。LiFiは、道路の安全と交通管理の目的で車両間、車両と沿道間通信に利用できる。ドライバによるLiFi技術のアプリケーションでは、でドライバはスマートデバイスあるいはヘッドライトを使って、接続して交通信号システムから情報を入手できる。この情報は、テールライトを利用して後続の車に送ることができる。受け取ったデータは、特定の場所への最短推定到着時間、最新交通情報、あるいはインターネットアクセスなどである。車両の可視光通信システムで克服すべき問題はほとんどなく、車両のヘッドライトを使って情報を送ることができる。それに加えて、音声起動システムを搭載して運転のしやすさを実現することもできる。こうしたインテリジェントシステムは、情報伝達に特定の色の照明を使い、レシーバが特定の波長を認識するようにプログラミングすることでうことでノイズ問題の管理も可能である。