ニュース 詳細

Empower RF社がSバンドのソリッドステート・パルスパワーアンプを発表

ITJ85_products4_1

 Empower RF社は、最小1 KWのピーク電力を生成するパルスパワーアンプ製品モデル2239のリリースを発表した。モデル2239は、マグネトロン(Magnetron)、IOT、クライストロン(Klystron)、進行波管(TWT)などのシステムに統合するのに理想的な特徴を備えたコンパクトな3Uラック互換の水平面寸法の機能的なRFアンプである。
 このアンプは、パルス変調された入力が最大0 dBmに設計されている。高速TTLゲート入力が標準のため、パルス間で出力ステージを完全に遮断したい場合はオプションで使用できる。パルス機能は、デューティサイクルが最大20%、パルス繰り返し周波数(PRF)が最大25 kHzで、パルス幅が最大500 μsecである。
 SiCデバイス上のGaNは、マルチステージのクラスAB構成で使用されている。完全な自己監視保護を備え、突然のオープン/ショート状態で自己保護し、最大3:1のVSWRに耐えられる。ローカルおよびリモートの監視と制御が標準仕様である。

● 保護と遠隔監視
– プリセット値を超えるデューティサイクルとパルス幅を防止する
– 入力ライン電圧誤りを含む電源障害
– 出力電力制限
– 過大入力
– ユーザーが選択可能なフォールドバックまたは障害時のシャットダウンを伴う過剰なVSWR
– 熱警報と過熱防止
– 冷却および電子熱管理とファン速度の適正化

● システム統合の容易さ
– 外部センサと制御のインターフェイスおよび信号経路に使用する工場でカスタマイズ可能なI/O
– アラームによりLANポートが排除され、ポーリングは不要
– 小型、軽量、ポータブルで、試験所環境での操作が容易である。
– Webブラウザ、TCP/IPイーサネット、工場で構成可能なシリアルRS-422またはRS232インターフェイス、フロントパネルのタッチスクリーンディスプレイなど、最新の多面的な監視および制御用ユーザーインターフェイス。

 このアンプのユーザーインターフェイス機能は、Empower社の全ての次世代設計に標準装備されているので、ユーザーは組み込みWeb サーバまたはM2Mインターフェイスを介してリモート管理および診断を開始でき、ユニットのイーサネットポートをLANに接続するだけでネットワーク管理サイトのステータスと制御が可能である。WebブラウザとユニットのIPアドレス(IPV4)を使用すると、マルチレベルのセキュリティを利用して簡単にアクセスできる。
 詳細はEmpower RF Systems社のウェブへ。(2020/11/19)
https://www.empowerrf.com/datasheet/Empower_RF_Amplifier_2239.pdf
(※ PDFが開きます)