ニュース 詳細

最大の静電容量を持つコンパクトな自動車用貫通型フィルタ

ITJ68_product3_2

 TDK社は、自動車用途の3端子の貫通フィルタを発表した。新製品YFF18AC0J105Mは、わずか1.6 x 0.8 x 0.6 mmのサイズ、およびこのサイズの貫通フィルタとしては業界最大の静電容量1 μFが特徴であり、IEC 1608パッケージ(EIA 0603)で販売される。部品の定格電流は2 A、定格電圧6.3 Vである。新製品のフィルタはAEC-Q200に適合し、自動車のECU を電磁干渉から保護する広範囲のデカップリング用途に適している。部品の大量生産は2018年1月に開始とのこと。
 この貫通フィルタは、先進運転支援システム(ADAS:advanced driver assistance system)など、最新の自動車用途に対し、効率的で設置スペースも取らないデカップリングおよびノイズ抑制ソリューションである。特に、オンボードICの機能性が非常に革新的になるにつれて、従来のデカップリング設計ではECUをエミッションから守るため、多くのMLCC(Multi-Layer Ceramic Capacitor:積層セラミックコンデンサ)が必要になっている。また高い静電容量と低ESL(Equivalent Series Inductance:等価直列インダクタンス)のおかげで、YFF18ACシリーズの新しい貫通フィルタは、例えば並列接続のIEC 1005 MLCCで0.22 μF以下など数10 MHzの周波数で低インピーダンスを達成できる。結果的に、部品数が少なくて済み、多大なスペースの節約となる。将来的には、より広い自動車用途のスペクトラムをサポートできるよう、自動車グレードの貫通フィルタの静電容量範囲はもっと拡大する予定である。

【主な用途】
自動車用ECUを電磁干渉から保護する幅広いデカップリング用途

【主な特徴と利点】
• コンパクトな筐体で最大の静電容量
• 高信頼性
• AEC-Q200 適合
• デカップリングに必要な部品数を低減

詳細はTDKのウェブへ。(2018/2/19 )
●日本語:
http://www.tdk.co.jp/corp/ja/news_center/press/20180213_01.htm
●英語:
http://www.global.tdk.com/corp/en/news_center/press/20180213_01.htm