All about Photonics

Products/Applications 詳細

Stratasys、短期製造アプリケーション向け新AM製造プラットフォーム

March, 16, 2018, Minneapolis & Rehovot--Stratasysは、新しい金属積層造形プラットフォームの開発を発表した。これは、短期製造向けの従来法に取って代わる実用的な製造技術となるように設計されている。
 積層造形(AM)は、製造の形状自由度、簡素化されたサプライチェーン、高価な工作機械を廃止することで優れた経済性を提供し、製造を変革する。Stratasysは、完全な3Dプリンティングソリューションを通じて将来に備えたリーダーおよび、その業界を前に進めることで、この変革を先導してきた。また、現在は、短期金属製造アプリケーションの課題を満たす新しい先端積層プラットフォームで、これまでの製造をさらに破壊的に変革していこうとしている。
 約30年にわたりStratasysは、3Dプリンティングと積層造形技術開発の先駆者だった。これには、正確、反復可能、信頼度の高いFDMやPolyJet 3Dプリンティングプラットフォームが含まれている。
 同社の新しい技術プラットフォームは顧客ニーズに直接対処するために開発されている。顧客の要求には、パイロットシリーズ部品の製造、製品が増え生産終了する中での小ロット製造、特注、軽量、複雑な部品の製造が含まれている。
 業界の推定によると、金属積層造形世界市場は、2028年までに120億ドルに成長する見込みである。
 画期的なStratasysプラットフォームは、過去数年にわたり社内で開発された。これには同社独自のジェット技術が組み込まれている。プラットフォームは、短期生産向けのAMの価値を提供するために、最初から開発された。同時に、現在利用できる金属ベースAMシステムの材料限界を克服している。この新技術により、Stratasysは、通常粉末冶金を利用して作製される金属部品を短期製造する新しい能力を顧客に提供する。アルミニウムから始まり、部品あたりまた全体で経済的にコスト競争力があり、後加工や高い部品品質の実装が容易になる。
 新技術の詳細は、4月23-26、テキサス、Fort Worthで開催されるRAPID + TCT 3D Printing and Additive Manufacturing Conferenceで紹介される。
(詳細は、www.stratasys.com)