All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング材料と装置市場規模、2032年までにそれぞれが280億ドル超

January, 13, 2023, Delaware--Global Market Insightsのレポートによると、世界の3Dプリンティング材料市場は、2032年に50億ドルを上回り、3Dプリンティング装置市場は、280億ドルを記録する見込である。

世界的にエレクトロニクス産業の堅調な見通しが、進行する技術的進歩により、予測期間に3Dプリンティング材料と装置需要の成長原動力となる見込である。近年、コンシューマエレクトロニクス分野が、著しく進化した。これを牽引したのは、世界の最遠隔地に及ぶモバイルやインターネットの普及、先進国と発展途上国の両方でウエアラブル、ヒアラブル市場の拡大である。

業界は多くのエンドユース業種と交わっている。アプリ開発、ITハードウエア、ソフトウエア、ロボティクス、個人化ヘルスケアなど。生活水準の向上、可処分所得の上昇が、消耗品や電子製品の販売増につながり、3Dプリンティング材料や装置産業にプラスの影響を及ぼすと予想されている。例えば、インドでは、エレクトロニクス生産は、2014-15年の推定290億ドルから2020-21年では670億ドルに達した。

アプリケーション範囲が広いことからプラスチック3Dプリンティング普及
 製品ベースでは、プラスチックセグメントの3Dプリンティング材料市場規模が、2032年までに4億7000万ドルを超える見込である。3Dプリンティングプラスチックは、製造、航空宇宙、自動車、医療を含む複数の産業で幅広く利用されている。広範囲に利用でき、軽量でコスト効果に優れているからである。プロトタイピングおよびAMプロセスの絶えざる進化が、今後数年に同セグメントの成長にさらに貢献すると予想されている。

高まる技術的ブレイクスルーが、自動車分野で製品需要増の原動力
 自動車分野は、3Dプリンティング材料市場で、2032年までに収益が9億6000万ドルを上回ると予想されている。3Dプリンティング技術は、自動車産業に関しては、従来の製法に対して無限の利点をもたらす。FDMなど3Dプリンティング技術を使用して製造される自動車、自動車用コンポーネントは、極めて軽量である。これは、全般的な車重低減に役立ち、省エネ、燃料効率や性能の改善となるので、製品需要増の原動力となる。

効率改善とコスト効果がFDM 3Dプリンティング技術普及を後押し
 溶融堆積モデリング(FDM)セグメントのの3Dプリンティング装置ビジネスは、2023-2032年にCAGR 18%で拡大する見通しである。FDMは、部品全体をプリントするのに数分あるいは数時間しかかからない。これは、リードタイムを短縮しながらプロトタイピングスピードアップに役立つ。FDMプリンタは、デザイン拡張が容易であり、幅広い色とフィラメント材料に適合している。ABC樹脂、ポリ乳酸、やナイロンなど。これらの特徴により、FDMは優れたコスト効果となり、競合製品に対して好まれる代替である。予測期間にその採用が増えると予想されている。

ヨーロッパでは厳しい環境規制が、製品販売を後押し
 ヨーロッパの3Dプリンティング材料市場は、2032年に13億ドルを超える見込である。同地域の成長は、反映する経済状況、エレクトロニクスや自動車販売の著しい増加によるものである。厳しい規制により、省エネと燃費の優れた軽量車輌製造重視が強調され、これがヨーロッパでは3Dプリンティング材料と装置需要をさらに押し上げると見られている。