All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング材料、2027年までに87億ドル

June, 26, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティング材料市場、タイプ(プラスチック、金属、セラミック)、最終利用産業(自動車、航空宇宙&防衛、ヘルスケア、消費材、建設)、形態(粉末、液体、フィラメント)、技術、アプリケーションおよび地域毎の2027年までのグローバル予測」によると、市場は2019-2027年にCAGR 25%で成長し、2027年には87億ドルに達する見込である。

3Dプリンティング材料市場規模は、2019年の15億ドルから予測期間にCAGR 25%で成長して2027年には87億ドルに達すると予測されている。3Dプリンティング材料市場は、ヘルスケア、自動車、航空宇宙&防衛などの産業からの需要が伸びていることから、大きな成長が見込まれている。

航空宇宙&防衛最終利用産業が2019年の市場で最大シェア
 航空宇宙&防衛は、3Dプリンティング材料市場における主要な最終利用産業。航空宇宙&防衛産業が存在するため、北米とヨーロッパが、重要市場。自動車産業は、最速成長が予測されている。自動車コンポーネントの製造で3Dプリンティングの採用が増加しているからである。

プロトタイピングが3Dプリンティング材料の最大アプリケーション
 3Dプリンティング材料市場では、プロトタイピングが重要アプリケーション。製造アプリケーションにおける3Dプリンティング材料市場は、予測期間に最高成長率を記録すると見られている。製造アプリケーションでのこの高成長は、航空宇宙&防衛、自動車、ヘルスケア産業で3Dプリンティングの採用が増加しているからである。

予測期間で北米が、3Dプリンティング材料の最大市場
 北米は、予測期間に3Dプリンティング材料市場で優位を占める見通しである。3Dプリンティング技術に基づいた製品が相当に採用され、製造されているためである。新しい3Dプリンティング材料の開発が重視されるようになつている。そのような合成物は、3Dプリンティング材料のアプリケーション範囲を広げ、自動車、ヘルスケア、航空宇宙&防衛産業における需要を促進する。加えて、従来の製品に対する3Dプリントされた製品への政府の強力な支援、この地域に需要メーカーが存在することが、今後さらに市場の成長を促進する。