All about Photonics

Business/Market 詳細

マシンビジョンシステムとビジョンガイドロボット市場予測

vision-guided-robot-market

July, 25, 2018, Maharashtra--Esticaast Research & Consulting発表「マシンビジョンシステムとビジョンガイドロボット市場、2017-2025年までの予測」によると、2017年、自動車分野が世界のマシンビジョンシステム市場で最高収益シェアを達成した。また、主要地域の中でAPACが最高収益を生み出し、マシンビジョンシステム市場で約35%シェアだった。
 「自動車、飲食、薬品業、半導体など、さまざまな業種で進行する自動化トレンドが、マシンビジョンシステムとビジョンガイドロボットの採用を促進している。マシンビジョンシステムの高い効率と有効性は、工業自動化工程とロボットでそのようなシステムの利用増加につながる。技術的進歩が、このようなシステムとロボットの視覚範囲を発達させている。これが、世界市場で新たな市場機会を開くことになる」と同レポートは分析している。

スマートカメラベースビジョンシステム分野が、CAGR 8.8%成長
 スマートカメラは、次世代PCベースビジョンシステムとして登場してきた。他のタイプのマシンビジョンシステムと比較して、相対的に安価で複雑さが少ない。スマートカメラベースのマシンビジョンシステム需要は、さまざまな分野で増加している。例えば、ヘルスケア、エンタテーメント、自動車。さらに、スマートカメラベースマシンビジョンシステムは、動作や運動の検出、デコーディング、対象物の計測で極めて効率的であり、人の顔の表情さえも認識する。そのような決定要素が今後、そのセグメントの成長を促進すると予測されている。

 世界のマシンビジョンシステム市場で自動車セグメントが大きなシェアを獲得。そのような大量生産産業でこのようなシステムの適用が増加しているためである。
 産業ロボットは、まさに自動車産業の様相を変革しようとしている。マシンビジョンは、自動車部門で極めて重要な役割を担っている。製造工場で動作する盲目のロボットの頭脳と眼のように機能するからである。調査によると、自動車産業は自動化装置の最大ユーザーの一つである。計算すると、1台の自動車は12000を超える精密部品を持ち、それらは正しい場所に設置されなければならない。自動車産業は量産工業であるので、伝統的に大量生産にフォーカスしており、したがってマシンビジョンシステムの必要性に合致している。

世界のビジョンガイドロボットシステムで北米が最高収益。これは、この産業部門で自動化採用が進んでいるためである。
 北米は、世界のビジョンガイドロボット市場で、収益では約35%の市場シェアだった。予測期間でCAGR 13%成長、長期的に北米はその優勢を維持すると見られている。北米の工業化は、2008年のリセッションからの回復後、急速にハイペースになっており、さまざまな産業分野で幅広い技術進歩が見られる。さらに、米国は、主要な工業自動化装置メーカーの最重要ハブである。これが、この地域におけるロボット需要を押し上げると見なされている。IFAによると、アメリカにおけるロボット供給は、2018年に16%増が見込まれており、これがマシンビジョンシステム市場とビジョンガイドロボット市場成長の契機になると予測されている。

調査結果の要点
・マシンビジョンシステム世界市場は、複数の市場プレイヤの存在によって非常に細分化されている。一方、世界のビジョンガイドロボット市場は、有名な市場プレイヤが少ないために、統合されている。
・ビジョンガイドロボットは、2018-2025年の予測期間に価格低下トレンドが見込まれている。
・PCベースマシンビジョンシステムセグメントは、2017年に世界のマシンビジョンシステム市場で最高収益シェア56%を獲得した。
・APACが、世界のマシンビジョンシステム市場をリードしており、予測期間にグローバルビジョンガイドロボット市場で最高のCAGR 17.3%成長が見込まれている。
(詳細は、www.esticastresearch.com)