All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング材料市場、2023年までCAGR 22%成長

June, 20, 2018, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)のレポートによると、航空宇宙、自動車、医療分野からのマスカスタマイゼーションの増加、拡大要求が,3Dプリンティング材料市場の成長促進に寄与している。
 世界市場は、「3Dプリンティング向け先端材料: 技術および世界市場」レポートによると、2023年までにCAGR 22.8%で成長する見込であり、24億ドルに達すると予測されている。
調査のハイライト
・市場では金属材料が成長しており、2023年までにCAGR 34%と見込まれている。ただし、市場規模では、フォトポリマが優位を占めており、2023年には推定で9億7460万ドルに達する見込である。
・世界中で成長は堅調であるが、APAC地域が最も活気があり、2023年にかけてCAGR 25.5%成長が予測されている。市場規模では、北米がリードすると見られており、2023年で推定9億600万ドル。
・最速成長エンドユース分野は、コンシューマ製品と見られており、2023年にかけてCAGR 27%成長と予測されている。しかし産業の規模では、医療と歯科がリードしており、2023年までに7億430万ドルに達すると予測されている。

「3Dプリンティングは、現在、変曲点に達している。コストが下がり、技術的進歩により多くの人々にとって手が届くようになったからである。この技術により、より素早い設計工程や迅速な製品反復が可能になる。その結果、3Dプリンティング技術の主要な利用は、製品開発の加速化、カスタマイズ製品の提供、製品の柔軟性促進となる。加えて、同技術は、顧客との共同製作を可能にし、工作機械への投資削減、デモ製品費用の最適化、スペアパーツ管理の向上のために使われる」とレポートは説明している。

将来の成長を促進する要素としてのマスカスタマイゼーション
世界的に、カスタマイズが、多くの産業で成長を促進する重要要素になっており、これは3Dプリンティングの世界でも言えることである。この市場の技術は、型や特殊工作機械の初期コストを削減する。また、新しい製品は、ファイルをアップデートするだけで作製できることがある。特にカスタマイズは、歯科、自動車、履き物業界で人気がある。