All about Photonics

Business/Market 詳細

軍用3Dプリンティング市場、2025年に45億9440万ドル

May, 9, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)、「軍用3Dプリンティング市場、2025年までのグローバル予測」によると、軍用3Dプリンティング市場は、2018年に推定7億9980万ドル、予測期間にCAGR 28.37%で成長し、2025年には45億9440万ドルに達する見込である。軽量防衛関連コンポーネントの製造における3Dプリンティングの利用増は、軍用3Dプリンティング市場の成長を後押しする最も大きな要因の1つである。

サービス提供市場が予測期間で最高CAGR成長
 提供されるものでは、軍用3Dプリンティング市場のサービスセグメントが、2018-2025年に最高CAGRで成長すると予測されている。OEMからの3Dプリント部品の需要増が、軍用3Dプリンティングサービス市場の成長を促進すると予測されている。軽量コンポーネントや複雑な部品をプリントできることから、OEMは3Dプリンティング技術の採用を進めている。

直接エネルギーデポジション(DED)プロセスが予測期間で最高CAGR
 プロセスでは、軍用3Dプリンティング市場のDEDセグメントが、予測期間で最高CAGR成長が見込まれている。DEDプロセスは、防衛産業向けオンデマンド金属部品やコンポーネントの製造に使用される。DEDセグメントの成長は、複雑な部品の量産要求によるものである。

北米が軍用3Dプリンティングの最速成長市場
 北米の軍用3Dブリンティング市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。北米の軍用3Dプリンティング市場の成長は、3Dプリンティングプロジェクトへの政府の投資増、軽量で耐久性の高い部品の需要によるものである。加えて、様々なOEMによる3Dプリンティング技術の採用も、北米における軍用3Dプリンティング市場の成長原動力と見られている。

 軍用3Dプリンティング市場の主要プレイヤーには、Stratasys (US)、3D Systems (US)、ExOne (フランス)、EOS (ドイツ)、Arcam (スウェーデン)、および Norsk Titanium (ドイツ)が含まれる。