All about Photonics

Business/Market 詳細

産業用3Dプリンティング市場、2023年に56億6000万ドル

April, 2, 2018, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の「産業用3Dプリンティング市場、提供物(プリンター、材料、サービス、ソフトウエア)、アプリケーション(工作機械、重機&機会、ロボット)、プロセス、技術、産業(航空宇宙&防衛、自動車)、および地域ごと-2023年までの世界予測」市場調査レポートによると、産業用3Dプリンティング市場は、2018年の17億3000万ドルから、CAGR 27.21%で成長して、2023年には56億6000万ドルに達する見込である。
 この成長に寄与しているのは、3Dプリンティングのプロトタイプ開発から最終部品製造への進化、特注製品開発の容易さ、既存の産業用3Dプリンティング材料市場の発展、3Dプリンティングプロジェクトへの政府投資、および製造効率改善である。

産業用3Dプリンティング材料市場が予測期間で最高CAGR成長
 産業用3Dプリンティング材料市場は、2018-2023年に最高CAGR成長が見込まれている。特注機能部品プリンティングのための金属需要の増加、主に自動車、航空宇宙、防衛産業向けは、この市場の成長を刺激する重要要素である。産業用3Dプリンティング材料市場全体の成長も、ヘルスケア産業で用いられるバイオ材料、新興アプリケーションにおけるある特定材料(プリント電子デバイスなど)の需要の増加によるものである。3Dプリント材料の最終利用産業および新興アプリケーションの需要の発展が、さらにプリンティング材料の消費を増やすと予測されている。これは、今後5年でこの分野の市場の大きなCAGRに貢献するとみられている。

プリントエレクトロニクス向け産業用3Dプリンティング市場が予測期間で最高CAGR成長
 産業用3Dプリンティング技術は、プリントエレクトロニクス産業で導入が増加した。コンダクタ、誘電体、抵抗、半導体インクを含む一般的なエレクトロニクス材料を加工してセンサ、アンテナ、トランジスタ遮蔽、太陽電池、発光ダイオード、および他のアクティブ/パッシブコンポーネントをプリントすることができる。先頃、Optomec, Incが、スマートフォンに使用できる3Dプリントアンテナ導入でブレイクスルーを達成した。このアンテナは、アエロゾルジェット技術を使って製造された。プリントエレクトロニクス産業の市場は、最高CAGRで成長すると予測されている。産業用3Dプリンティングによりエンジニアが複雑な内部構造の物体を開発できるようになるからである。これは、従来の方法では製造が困難なものである。

レーザ金属積層技術の産業用3Dプリンティング市場が予測期間に最高CAGRで成長
 レーザ金属積層技術は、修理、クラッディング、部品製造に用いられる。この技術一般的なアプリケーションの中には、金型表面の修復、機械部品の修復および製造、ロボティクスが含まれる。レーザ金属積層技術の利点は、材料消費の削減、工作機械コストの削減、置き換えが高価になる部品の修復、リードタイム縮小、顧客の要求に従った部品のカスタマイズである。

2017年、北米が産業用3Dプリンティング市場の最大シェア
 2017年、北米が最大の市場シェア、それにヨーロッパとAPACが続く。航空宇宙と防衛、自動車など主要産業が、工作機械設備、アームやグリッパーなどのロボット部品の製造、機械部品の製造に産業用3Dプリンティング技術の利用を増やしている。目的は、コストを最小化しながら機能統合と整合性の最大化することである。