All about Photonics

Science/Research

ORC、次世代光ファイバの並外れた特性を発表

February, 26, 2021, Southampton--

サウサンプトン大学とカナダのUniversité Lavalの研究チームは、従来の光ファイバよりも1万倍程度低い最先端の中空コアファイバの後方反射計測に初めて成功した。 この発見は、Opticaに発表された。これは、中空 […]

全文を読む

舗装用ブロック製造検査にマシンビジョンを利用

February, 26, 2021, Brno Czech Republic--

PEKAT VISIONは、先頃、舗装用ブロックの製造における欠陥の検出について実行可能性調査を実施した。 舗装用ブロックの欠陥検査は、難しい。区別が困難なことがよくあるためである。特にカラフルなデザインの場合、カラーカ […]

全文を読む

ハライドペロブスカイト半導体でTHz励起によるホットキャリアの長寿命化を実現

February, 25, 2021, 京都--

京都大学、金光義彦 化学研究所教授、関口文哉 同特定助教、廣理英基 同准教授らの研究グループは、高強度のテラヘルツ(THz)パルスをハライドペロブスカイト半導体CH3NH3PbI3に照射すると、光励起キャリアのエネルギー […]

全文を読む

エッジ端末に適した小型省電力プロセッサを実証

February, 25, 2021, 東京--

東京工業大学 工学院 情報通信系の原祐子准教授らは、IoTの高度化において必要不可欠になる小型・省電力性を兼ね備えた新たなプロセッサを設計し、そのプロセッサの大規模集積回路(LSI)の開発に成功した。ヘルスケアデバイスを […]

全文を読む

ORC、マシンビジョンを改善するチップLiDARを開発

February, 24, 2021, Southampton / San Francisco--

サウサンプトン大学とPointcloud Incの研究者は、現在使用されているほとんどの先進的、機械システムに適合し、それを凌駕する初のコンパクト3D LiDARイメージングシステムを開発した。 3D LiDARは、多く […]

全文を読む

ホログラフィックディスプレイ改善でVR/AR強化

February, 24, 2021, Washington--

スタンフォード大学の研究者は、ホログラフィックディスプレイの画像品質とコントラストを改善する新しいアプローチを開発した。新技術は、VR/ARアプリケーション向けニアアイディスプレイ改善に役立つ。 NVIDIA、スタンフォ […]

全文を読む

香港技術大学、体内の微妙な圧力変化を計測する微小センサを開発

February, 22, 2021, Rochester--

香港技術大学(Hong Kong Polytechnic University)の研究チームは、極めて高感度な小型光ファイバセンサを開発した。これは、いずれ体内の小さな圧力変化を計測するために利用できる。 同大学研究チー […]

全文を読む

光の中で半導体のナノ運動とフォースを読む

February, 22, 2021, 名古屋--

東海国立大学機構 名古屋大学 大学院工学研究科の中村篤智准教授、松永克志教授らの研究グループは、独ダルムシュタット工科大学(TU Darmstadt)のXufel Fang博士および東京大学 大学院工学系研究科 総合研究 […]

全文を読む

Skoltech、オンチッププリント電子ノーズ(e-nose)開発

February, 19, 2021, Moscow--

Skoltechの研究者とロシアおよびドイツの研究チームは、オンチッププリント「電子ノーズ」を設計した。これは、ポータブルエレクトロニクスやヘルスケアで使うことを目的とした、この種の低コストで敏感なデバイスの概念実証とし […]

全文を読む

JAXAとNICT、LUCAS光通信機器と光地上局との間で捕捉・追尾成功

February, 19, 2021, 東京--

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と情報通信研究機構(NICT)は、2020年11月29日に種子島宇宙センターからH-IIAロケット43号機で打ち上げた光データ中継衛星に搭載している光衛星間通信システム(LUCAS)の光通 […]

全文を読む

KDDI総合研究所、ARメガネを活用ハンズフリー介護作業支援システム開発

February, 18, 2021, ふじみ野--

KDDI総合研究所と社会福祉法人善光会(善光会)は、きめ細かな介護対応の実現を目的に、ARメガネを通して入居者の介護関連情報を表示し、音声で読み上げを行うハンズフリー介護作業支援システムを開発した。また、このシステムを使 […]

全文を読む

ITMO、液体中でTHz放射の記録的効率達成

February, 17, 2021, St. Petersburg--

ITMOの物理学チームは、液体を使用して光放射をTHz放射に変換する方法を改善した。これは、最近まで、見込がないと考えられていた。しかし、そのような媒体で達成された 変換効率は,記録破りの0.1%である。X線放射と違い、 […]

全文を読む

TU/e、革命的な発光シリコン、2020年のブレイクスルー技術

February, 16, 2021, Eindhoven--

シリコンからの発光は、数十年マイクロエレクトロニクスの「至高の目標」であった。この問題を解くことは、コンピューティングを変革する。チップがこれまでになく高速化するからである。アイントホーヘン工科大学(TU/e)の研究者は […]

全文を読む

テラヘルツパルスによって強誘電性電荷秩序状態を超高速に生成成功

February, 16, 2021, 東京--

東京大学の研究グループは、モット絶縁体である有機分子性結晶κ-(ET)2Cu[N(CN)2]Cl (ET=bis(ethylenedithio)tetrathiafulvalene)に高強度のテラヘルツパルスを照射するこ […]

全文を読む

微小金属らせんとテラヘルツ光との相互作用を可視化

February, 16, 2021, 京都--

京都大学、理研などの研究グループは、藻類のスピルリナを鋳型として作製した微小な金属らせん構造から特定の方向にテラヘルツ光が放射される様子を、高性能テラヘルツ近接場顕微鏡を用いてリアルタイムに可視化することに成功した。   […]

全文を読む

通信とバイオセンシングを改善する高効率メタサーフェス

February, 15, 2021, Wahington--

デューク大学の研究チームは、センチメートルスケールのメタサーフェス全面で記録的に高い光効率を達成する新しいプラズモンメタサーフェスを作製した。その進歩により、光ベースの通信から蛍光ベースのバイオセンシングまでの幅広いアプ […]

全文を読む

ボン大学、光ファイバでイノベーション

February, 15, 2021, Bonn--

ボン大学の研究チームは、非常に簡素な方法で髪の毛の細さの光ファイバを作製した。極めてコンパクトで安定的であるばかりか、色のチューニングができる。すなわち、量子技術や温度センサ、あるいは大気検出センサに利用可能である。この […]

全文を読む

ネットワーク上の情報の流れをダイアグラムで表現する新理論を開発

February, 12, 2021, 福岡--

九州大学数理・データサイエンス教育研究センター/芸術工学研究院の森史助教と理化学研究所(理研)数理創造プログラムの岡田崇上級研究員の研究チームは、ブーリアンネットワーク上の情報の流れをダイアグラムに基づいて展開する新しい […]

全文を読む

Wyss Institute、身体の深部でレーザビームを扱う

February, 10, 2021, Boston--

マイクロロボット光電機械デバイスは、高速にレーザビームを操作でき、幅広い範囲の動きが、侵襲性の少ない手術の可能性を強める。 自然の開口、小さな外部切開を通して医者が内部組織にアクセスする侵襲性の少ない手術は、医療の一般的 […]

全文を読む

MIPT、量子からヒントを得た光センサの開発

February, 10, 2021, Moscow--

MIPTの研究者は、米国アルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)のチームと協力して、簡素な光学ツールを使い物理量計測のための先進的な量子アルゴリズムを実行した。 Scientific […]

全文を読む

IR LEDと太陽電池、ディテクタなしでロボットの触覚を実現

February, 9, 2021, Glasgow--

新しいタイプのエネルギー生成合成皮膚が、触覚を模擬できる安価な義肢やロボットを実現する。 IEEE Transactions on Roboticsに発表された論文でグラスゴー大学の研究チームは、柔軟なソーラスキンに包ま […]

全文を読む

SEAS/Wyss Institute、水中を魚群のように泳ぐロボットの群を実現

February, 9, 2021, Boston--

魚からヒントを得たロボットは、外部からの制御なしで、動きを連動させることができる。 魚群は、複雑な、同期行動を示す。それが、エサを見つけ、回遊し、捕食者を回避する際に役立つ。どの魚も、魚群も、この動きを調整するのでもなく […]

全文を読む

OIST、大きさ、電力、安定性を向上させたペロブスカイト太陽電池モジュールを開発

February, 9, 2021, 沖縄--

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、欠陥を低減した新しい製造技術を用いて、安定性と効率を向上させたペロブスカイト太陽電池モジュールを作製した。  研究成果は、Advanced Energy Materials […]

全文を読む

東工大、自己整合成膜技術によるテラヘルツカメラパッチシートの実現

February, 9, 2021, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院の河野行雄准教授、理化学研究所 創発物性科学研究センターの鈴木大地基礎科学特別研究員の研究グループは、カーボンナノチューブ膜を材料としたテラヘルツカメラパッチシートを開発し、測定環境に制限 […]

全文を読む

印刷できる抗原抗体検査のための光センサ開発

February, 8, 2021, 福岡--

九州大学大学院システム情報科学研究院の吉岡宏晃 助教、興雄司 教授、Abdul Nasir大学院生らの研究グループは、熱処理が不要で市販のインクジェットプリンタと同様の技術で印刷可能な抗原抗体検査で利用できる光センサの開 […]

全文を読む

テラヘルツ帯でのフェーズドアレイ無線機を実現

February, 8, 2021, 東京--

東京工業大学 工学院 電気電子系の岡田健一教授らと日本電信電話株式会社(NTT)の研究グループは、テラヘルツ帯で通信が可能なアクティブフェーズドアレイ無線機を世界で初めてCMOS集積回路により実現した。  テラヘルツ帯は […]

全文を読む

フル解像度8K映像を非圧縮で無線伝送

February, 5, 2021, 大阪--

大阪大学とローム株式会社の研究グループは、共同で300ギガヘルツ帯のテラヘルツ波を用いることで非圧縮フル解像度8K映像の無線伝送に世界で初めて成功させた。 次世代の移動体通信規格6Gでは、8K等の超高精細映像を低遅延かつ […]

全文を読む

Nokia、ドイツVodafoneで100Gbit/sPONデモ

February, 5, 2021, Espoo--

NokiaとVodafonは、単一波長で現在の最先端のネットワークの10倍高速の100Gbit/sまでの速度を提供できるPassive Optical Network (PON)技術のトライアル成功を発表した。これは、N […]

全文を読む

近赤外光利用ハイパースペクトル画像から粘膜下腫瘍(GIST)を識別

February, 4, 2021, 東京--

東京理科大学生命医科学研究所および国立がんセンターの研究グループは、近赤外光を利用したハイパースペクトル画像から消化管間質腫瘍(GIST)を識別する方法を開発した。  この研究を発展させることで、粘膜下腫瘍の鑑別診断、腫 […]

全文を読む

EUプロジェクト、飛行ロボットを開発

February, 4, 2021, Copenhagen--

新しい大型EUプロジェクトで、若手研究者を訓練して、小型飛行ロボット向けのドローンを開発する。これは、ウインドタービン、橋梁および他の重要インフラストラクチャの保守向けである。 次の3年で、総勢15名のPh.D学生が、新 […]

全文を読む

1 / 3123

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。