All about Photonics

Science/Research

シリコン基板上に窒化アルミニウム高品質結晶を製膜

December, 21, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究領域テラヘルツ研究グループ テラヘルツ量子素子研究チーム、平山秀樹チームリーダー、ティン・トラン国際特別研究員、前田哲利技師、定昌史研究員らの研究チームは、シリコン(Si)基板上に窒化ア […]

全文を読む

LED効率低下の中心に遷移金属不純物

November, 9, 2016, Santa Barbara--

UCSBの研究チームは、微量の遷移金属不純物がGaN半導体の再結合中心として働くと警告している。  最先端の第1原理計算を用いてUCSBの研究チームは、遷移金属不純物、特に鉄が窒化物半導体の非発光再結合中心として機能する […]

全文を読む

光で天敵を集め、害虫を減らす技術を開発-紫色光の照射だけで害虫が半減

September, 16, 2016, つくば--

アザミウマはナス、トマト、イチゴなど多くの農作物に害を与える大害虫。近年、農薬が効かなくなりつつあり、大きな問題となっている。  農研機構生物機能利用研究部門、株式会社シグレイ、筑波大学は共同で、農薬を使う代わりに「光を […]

全文を読む

LED照明がコウモリの活動に影響

September, 16, 2016, Berlin--

街路灯の従来の電球を省エネLEDによる置き換えの広がりが、都市の夜のハンター、コウモリに大きな影響を与えている。  日和見種のコウモリは狩猟機会を失い、一方光に敏感な種は利益を得ている。これは、動物園と野生動物研究(IZ […]

全文を読む

FEP、患者に使える細胞適合OLED

August, 29, 2016, Dresden--

有機発光ダイオード(OLED)の細胞適合性研究がフラウンホーファーFEPで細胞培養で初めて行われた。目的は、細胞がOLEDにどの程度耐えるかをテストすること。結果は、OLEDの光線療法など医療分野での利用が有望であること […]

全文を読む

ナノワイヤ、将来のLED候補として有望

August, 16, 2016, Copenhagen--

ニールスボア研究所(Niels Bohr Institute)の最新の研究によると、ナノワイヤでできたLEDは、省エネで色が優れている。研究チームは、X線顕微鏡を使ってナノワイヤを調べ、さらにこの方法で最高の特性を実現す […]

全文を読む

白色を生成するナノクリスタルが、照明と通信システムを統合

August, 16, 2016, Thuwal--

KAUST (King Abdullah University of Science and Technology)の研究チームは、青色から白色光を生成するナノ結晶材料を開発した。  現在、WiFiとブルートゥースが確立 […]

全文を読む

多彩な蛍光を発することができる単一分子有機化合物を開発

August, 9, 2016, 岐阜--

岐阜大学 工学部 化学・生命工学科、村井利昭教授らの研究グループは液中のpHに依存して蛍光色が変化する蛍光物質を開発した。  色の源には様々な物質(元素や化合物)が関与しているが、これまでの常識では、ある物質が発現できる […]

全文を読む

グリーンLEDの高輝度化、高効率化に新方法

August, 9, 2016, Peachtree City--

イリノイ大学(University of Illinois) Can Bayram准教授は、グリーンLEDの高輝度化、高効率化の新しい方法を開発した。業界標準の半導体成長技術を使い、Bayramはシリコン基板上に、最先端 […]

全文を読む

高温でも使える、光で剥がせる接着材料の開発に成功

July, 8, 2016, 京都--

京都大学 大学院理学研究科 齊藤尚平准教授らは、高温でも使用でき、光で剥がせる液晶接着材料の開発に初めて成功した。  従来の仮固定用の接着材料には、熱で剥がすタイプの接着材料(ホットメルト型接着材料)が幅広く使われている […]

全文を読む

LED電球を部屋の照明と通信リンクに利用

July, 6, 2016, Zurich--

ディズニーリサーチ(Disney Research)とETHチューリッヒ(ETH Zurich)の研究グループは、コンシューマグレードのLED電球が、わずかな変更を加えることで、部屋の照明とその部屋の機器の通信リンクの二 […]

全文を読む

緑色LED光がマコガレイの成長を促進する

July, 1, 2016, 東京--

北里大学海洋生命科学部では、緑色LEDの光をマコガレイの稚魚に照射すると、通常の飼育と比べて成長が早くなることを、神奈川県水産技術センターとスタンレー電気株式会社と共同で初めて実証した。  緑色LED光の成長促進効果は、 […]

全文を読む

グラフェンベース透明電極で高効率フレキシブルOLED 実現

June, 15, 2016, Daejeon--

韓国の研究チームは、グラフェンと二酸化チタン、導電性ポリマでできた理想的な電極構造を開発し、これにより柔軟で効率的なOLEDが実現する。  薄型軽量で紙のように巻き取れるコンピュータの登場は遠い先の話ではない。プラスチッ […]

全文を読む

オスラム、白色と青色高出力LED発光効率7.5%向上

April, 14, 2016, Regensburg--

オスラム(Osram Opto Semiconductors)は、高電流での無用の効率低下効果を減らすことで高出力LEDの発光効率を著しく改善した。この開発は、最適化されたエピタキシャルプロセスによって可能になった。電流 […]

全文を読む

固体照明効率低下を招くGaNベースLEDの特殊欠陥を特定

April, 13, 2016, Santa Barbara--

先端理論を用いてUCSB研究チームは、効率低下を招くLEDの原子構造における特殊 タイプの欠陥を特定した。  この点欠陥の特性評価は、もっと効率的な、長寿命のLED照明の製造に帰着する。  「技術は、そのような欠陥がLE […]

全文を読む

グリーンライトが漁網にかかって死ぬウミガメの数を減らす

March, 31, 2016, Penryn--

エクセタ大学(University of Exeter)研究チームの研究によると、漁網をLEDで照明することが、網にかかり不必要に死ぬウミガメ数を飛躍的に減らすことができる経済的な手段になる。  ペルーのダーウィンイニシ […]

全文を読む

ヘリオスペクトラ、単独LED照明による制御環境で麦栽培

March, 22, 2016, Tothenburg/San Francisco--

ヘリオスペクトラ(Heliospectra AB)は、ヨーテボリ大学(Gothenburg University)およびバイオテック企業、CropTailor、OlsAroと共同で単独LED照明下の制御環境において穀類( […]

全文を読む

クリー、LED効率ブレイクスルー25%を優れたカラー品質で実証

February, 26, 2016, Durham--

クリー(Cree, Inc)は、業界で初めて、134ルーメンパーワット(LPW)で約1600ルーメンを単一の高出力LEDで実証した。色品質は白熱電球と同じである。  この成果によりクリーは、実際のLED照明アプリケーショ […]

全文を読む

Rensselaer、病院にスマート照明テストベッド導入

February, 4, 2016, Troy--

レンセラー工科大学(RPI)のスマートライティング・エンジニアリングリサーチセンタ(ERC)は、ニューメキシコ州のニューメキシコヘルスセンタ大学(UNMHC)で自動照明研究のための新しい入院患者照明テストベッドを設置した […]

全文を読む

可視光全域の波長をカバーする、世界で初めての標準LEDを開発

February, 3, 2016, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門光放射標準研究グループ 中澤由莉研究員、丹羽一樹 主任研究員、神門賢二 主任研究員と日亜化学工業は、共同で、可視光全域をカバーする標準LEDを、世界で初めて開発した。  産 […]

全文を読む

Plessey、グリーンギャップを克服するキュービックGaN LED

February, 1, 2016, Allesley--

プレッセイ(Plessey)、Anvil セミコンダクターズ(Anvil Semiconductors)、ケンブリッジ大学は、Anvil の3C-Sic/Si基板に高効率LEDをキュービックGaNで製造するために提携する […]

全文を読む

赤色LED強化における酸素の役割が明らかに

January, 29, 2016, West Hills--

固体照明デバイスの製造では、酸素がもろ刃の剣となることを研究者たちは見出した。酸素はGaNの効果を妨げる一方、場合によっては少量の酸素がデバイスの光学特性強化に必要となる。ユーロピウム添加GaNはその例であり、LEDや他 […]

全文を読む

銅錯体の量子特性がOLEDの効率を高める

January, 21, 2016, Karlsruhe--

蛍光材料として銅を利用することで安価で環境に優しいOLEDの製造が可能になる。  熱的に活性化された遅延蛍光(TADF)が高光収量を保証する。KIT(カールスルーエ工科大学)、CYNORAおよびセントアンドルー大学(Un […]

全文を読む

1 / 11

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。