All about Photonics

Science/Research

ドレクセル大学、パーキンソン症候群に新たなアプローチ

December, 24, 2015, Philadelphia--

ドレクセル大学が開発したポータブルデバイスを使って、アルバート・アインシュタイン医科大学の研究者は、パーキンソン症候群と健常者の脳活動パタンの差を特定した。  Brain Research誌に発表された論文は、バランス制 […]

全文を読む

新しいプローブでエレクトロニクスとフォトニクスを統合

December, 24, 2015, Leuven--

IEEE国際電子デバイス会議2015で、imec、KU Leuven、NERFは、CMOS適合プロセスを使って12のモノリシック集積オプトロードを統合する一連のシリコン神経プローブを発表した。  そのプローブは、光遺伝学 […]

全文を読む

癌幹細胞の遺伝子活動を変える薬剤を送達するナノボム

December, 18, 2015, Ohio--

オハイオ州立大学コンプリフェンシブガンセンター(OSUCCC-James)の研究チームは、近赤外レーザ光を受けて膨らみ破裂するナノ粒子を開発した。  そのような「ナノボム」は、生物学的障壁を克服する可能性がある。そのよう […]

全文を読む

複屈折ベースの新しい診断法でマラリア、HIVなど素早く検出

December, 16, 2015, Zurich--

Raffaele Mezzengaをリーダーとするチューリッヒ工科大学(ETH)の研究チームは、新しい診断法を開発した。それは、光の偏向状態を変える物質の能力、複屈折をベースにしている。この方法により、世界中の医師は、マ […]

全文を読む

マイクロLEDを使用したプローブで神経経路をマッピング

December, 16, 2015, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームは、神経細胞サイズの発光ダイオード(LED)の助けを借りて脳のニューロン経路の秘密を明らかにしようとしている。  研究チームは、最小と考えられるLEDを持つ神経プローブを作製し、マウスでテストした […]

全文を読む

量子もつれ光を用いた、超高分解能光断層撮影技術を開発

December, 16, 2015, 京都--

京都大学、物質・材料研究機構、名古屋大学の研究グループは、量子もつれ光を用いた2光子干渉により、分解能0.54µmに相当する2光子量子干渉縞を実現、また、群速度分散耐性を実証した。  この研究成果により、光断層撮影技術の […]

全文を読む

IBS研究者、多機能内視鏡を開発

December, 8, 2015, Daejeon--

基礎化学研究所(IBS)内ナノ粒子研究センタの研究チームは、多機能内視鏡を開発した。この内視鏡では、レーザなどの透明な生体エレクトロニクスとセラノスティックナノ粒子(NPs)が統合されている。セラノスティクス(thera […]

全文を読む

Mauna Keaの内視鏡、組織のアブレーションをリアルタイム撮像

December, 8, 2015, Chicago--

Mauna Kea Technologiesは、シカゴで開催されたRSNA、放射線医学会議において、介入性放射線処置でニードルベース共焦点レーザ内視鏡(nCLE)を使った世界初の研究成果を発表した。  フランス、ストラス […]

全文を読む

新しいナノツールでレセプタのリガンド結合研究

November, 30, 2015, Frankfurt--

ゲーテ大学フランクフルトのRobert TampéとRalph Wienekeの研究チームが開発した新しい高解像度法により、初めて2つのリガンドと受容体との相互作用を高精度に同時識別し定量化することができる。その新方法は […]

全文を読む

熱で活性化される「グレネード」でガンを狙い撃ち

November, 20, 2015, Manchester--

国立ガン研究所(NCRI)ガン会議で、マンチェスター大学の研究チームは、感熱トリガーをもつ、ガン薬剤を詰めた「グレネード」を開発し、腫瘍を直接標的にする治療を可能にした。  研究チームは、薬剤をガン細胞に輸送するためにリ […]

全文を読む

ライス大学、UV光駆動ナノ水中モーター

November, 19, 2015, Houston--

ライス大学の化学者James Tourの研究者が作製した単一分子、244原子サブマーシブルの各々がUV光を原動力とするモーターを持っている。各々がフル回転すると、そのモーターの尻尾のようなプロペラがサブマーシブルを18n […]

全文を読む

バイオイメージングに適した光を放出するタマネギ状の表面

November, 19, 2015, Buffalo--

斬新なタマネギ状のナノ粒子が、バイオイメージング、太陽エネルギー収集、光ベースのセキュリティ技術の新分野となる可能性がある。  この粒子のイノベーションは、そのレイヤにある。有機色素のコーティング、ネオジウムを含む殻、コ […]

全文を読む

CCNYの研究チーム、脳深部撮像で「ゴールデンウインドウ」を開く

November, 17, 2015, New York--

精神科学コミュニティは、生体医用工学者、Lingyan Shiをリーダーとするニューヨークシティカレッジ(CCNY)の研究チームによる脳深部イメージングの「ゴールデンウインドウ」実現に敬意を表している。CCNY超高速分光 […]

全文を読む

ナノテクノロジーを心不整脈の標的治療に利用

November, 13, 2015, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームが開発した新しいナノ粒子が心不整脈のターゲット療法の決め手になると見なされている。心不整脈は、心拍が不規則になり心臓麻痺、心臓発作を起こす病気。  新しい治療は、ナノテクノロジーを使って、心不整脈 […]

全文を読む

IBMT、フィンガースキャナで関節炎を早期発見

November, 11, 2015, St. Ingbert--

フラウンホーファー生体医用工学研究所(IBMT)をリーダーとするEC資金助成のプロジェクトに取り組む専門技術者はフィンガースキャナを開発している。同スキャナにより将来的には、指の関節炎の早期診断が可能になる。  人の関節 […]

全文を読む

赤外線画像用のグラフェンベース熱電対技術

November, 9, 2015, Rochester--

MIT、ハーバード大学などの研究グループは、グラフェンベースの赤外線イメージングシステム実証にグラフェン固有のチューナブル熱電効果(Seebeck coefficient)を利用した。  グラフェンベースの光熱電ディテク […]

全文を読む

ガンと闘う新たなツール、単剤光線治療システム

November, 9, 2015, Orlando--

オレゴン州立大学(OSU)の研究チームは、単剤システムを用いるガンイメージングと光線治療分野における重要な前進を発表した。これは究極的には世界中でガン手術と治療を変革する可能性がある。  OSUが開発した最新のアプローチ […]

全文を読む

強力な小型プラスチック顕微鏡を開発

November, 5, 2015, Washington--

顕微鏡で血液を調べるだけで人の免疫システムの状態について多くの情報が得られる。例えば、白血球の数が異常に多い、または少いことは骨髄の病気かAIDSを示唆している可能性がある。白血球の破裂は、細菌感染かウイルス感染の兆候か […]

全文を読む

より確実なIDのために内部指紋を見るセンサを開発

November, 5, 2015, Washington--

フランスのランジュバン研究所(Langevin Institute)の研究チームは、指の内部を見て写真を撮る新しい指紋イメージングシステムを作製した。  これは、より信頼度の高いセキュアな個人特定法である。重要な点は、そ […]

全文を読む

医療診断を前進させる新しいイメージング技術

November, 5, 2015, West Lafayette--

パデュー大学の研究チームは、医療診断や細胞研究のために生体組織の化学成分を明らかにする新しいタイプのイメージングシステムを実証した。  パデュー大学生体医用工学ウエルドン校教授、Ji-Xin Chengによると、組織の化 […]

全文を読む

名古屋大学、超解像蛍光イメージングに最適な超耐光性蛍光色素を開発

October, 29, 2015, 名古屋--

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の山口茂弘教授、深津愛子准教授、多喜正泰准教授、WANGChenguang研究員、佐藤良勝講師、東山哲出教授らの研究チームは、生命現象などを可視化する超解像蛍光イ […]

全文を読む

初のシリコンチップ上円偏向光ディテクタ

October, 29, 2015, Nashville--

初のシリコンチップ集積円偏向光ディテクタ発明により、小型、ポータブルセンサーの開発に道が開かれる。このようなセンサーは、潜在アプリケーションの中でも、薬剤スクリーニング、監視、光通信、量子コンピューティングへの偏向光利用 […]

全文を読む

ガン細胞分子フィンガープリントに超高感度光源を開発

October, 22, 2015, Munich--

フォトニックサイエンスのJens Biegert教授をリーダーとするアトサイエンス/ウルトラファストオプティクスグループの研究チームは、マックスプランク研究所量子オプティクス(MPQ)、ルートヴィッヒマクシミリアンズ大学 […]

全文を読む

誘導ラマン散乱顕微鏡により脳腫瘍手術の精度と安全性向上

October, 21, 2015, Ann Arbor--

手術中に、脳腫瘍組織を正常脳と区別するのは難しい。神経外科医は、手術室で最高度の判断を行うが、腫瘍を除去する際に、その境界の場所を正確にリアルタイムで推量しなければならないことがよくある。  今日のORで最先端のイメージ […]

全文を読む

フラウンホーファー、腎臓結石の迅速な分析にラマン分光使用

October, 19, 2015, Freisburg--

腎臓結石は最も一般的な病気にランクされている。再発は適切な術後処置によって防げる。しかし、それには結石の組成を知らなければならない。フラウンホーファーの研究チームは、術後の尿路結石の迅速な分析のためのシステムを開発してい […]

全文を読む

多数のインフルエンザ株検出に使用される新しいオンチップ光センシング

October, 14, 2015, Santa Cruz--

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UC Santa Cruz)とブリガムヤング大学(BYU)の研究グループが開発した新しいチップベースのセンシング技術は、多数のバイオマーカーを迅速に検出、特定できる。  「標準的なイン […]

全文を読む

光で細胞内の酵素のはたらきを自在に操作する

October, 7, 2015, 東京--

東京大学の研究グループは、共同研究により、新規に作製した人工の光感受性分子とシミュレーション解析を用いて、細胞内における酵素活性の時間的な変動パターンを定量的かつ可逆的に光操作する手法の開発に成功した。また、開発した手法 […]

全文を読む

金属ジェル、チューナブル発光材料を開発

September, 25, 2015, Cambridge--

MITの研究チームは、色を精密制御した光、ピュアホワイトの光でさえも放出できる材料ファミリを開発した。出力は、幅広い外部条件に応じて調整可能。その材料は、化合物、生体化合物、あるいは機械的条件、熱的条件の検出など幅広く利 […]

全文を読む

レーザとOCTを使用して目の精密手術

September, 24, 2015, Hannover--

弱い視力矯正に、すでにレーザベースの手術が用いられているが、この正確で穏やかな方法は、老眼や網膜の癒着にはまだ用いることができない。  プロジェクトIKARUSではLZH(Laser Zentrum Hannover e […]

全文を読む

理研、生きた霊長類の脳内で神経細胞の「スパイン」を観察

September, 17, 2015, 和光--

理化学研究所脳科学総合研究センター高次脳機能分子解析チームの山森哲雄チームリーダー、定金理研究員、生理学研究所の伊佐正教授らの共同研究グループは、新世界ザルであるマーモセットの大脳皮質において、2光子顕微鏡を用いてスパイ […]

全文を読む

1 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。