All about Photonics

Science/Research

NC州立大、新しいバイオセンサ開発に一歩前進

December, 24, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学の研究チームは、水や放射線照射でもペプチドを安定に保つように、窒化ガリウム(GaN)表面にペプチドを結合する方法を発見した。この発見によって、医療や生物学的研究応用で使用する新しい領域のバイオセン […]

全文を読む

細胞内での変性タンパク質の動きを蛍光顕微鏡で見る

December, 15, 2014, Champaign--

イリノイ大学の化学研究チームは、^変性(折りたたまれていない)タンパク質の拡散を特殊な顕微鏡を使って見ることができるようになった。  タンパク質折り畳みと輸送との関連を調べると、アルツハイマーやハンチントン病のようなタン […]

全文を読む

イエナ大学、カラフルナノ粒子を標的細胞に輸送

December, 12, 2014, Jena--

イエナの研究チームは、極めて特殊なナノ粒子の生成に成功した。  結合した染料に応じて、ナノ粒子は肝臓や腎臓に誘導され、活性成分のペイロード(荷重)を直接、標的細胞に放出する。さらに、染料は、生体顕微鏡によって、あるいは非 […]

全文を読む

レーザでフルーツの熟成を調べる

December, 10, 2014, Washington--

レバノンの聖ヨゼフ大学とフランスの西ブルターニュ大学の研究チームは、「クライマクテリックフルーツ」(急速に成熟が進む、リンゴ、バナナ、トマトなどの果物)の収穫時を検出する技術を開発した。  「クライマクテリックフルーツは […]

全文を読む

ワシントン大学セントルイス、世界最高速2Dカメラを開発

December, 9, 2014, St. Louis--

ワシントン大学セントルイス(Washington University in St. Louis)の生体医学工学、Lihong Wangの研究チームは、世界最速のレシーブ・オンリー2Dカメラを開発した。このカメラは1秒に […]

全文を読む

ワシントン大学セントルイス、世界最高速2Dカメラを開発

December, 9, 2014, St. Louis--

ワシントン大学セントルイス(Washington University in St. Louis)の生体医学工学、Lihong Wang氏の研究チームは、世界最速のレシーブ・オンリー2Dカメラを開発した。このカメラは1秒 […]

全文を読む

ブルネル大学ロンドン、DIY顕微鏡を開発

December, 1, 2014, London--

ブルネル大学ロンドンのPhD学生が開発した顕微鏡で、数十万ポンドの研究費節約が可能になる。  同大学ヘルス・ライフサイエンス学部、Adam Lynch氏は、時間と費用を節約するためにオンラインで購入した安価な機器を適用す […]

全文を読む

NTU、2-in-1バイオマーカーと薬剤デリバリシステムを開発

November, 28, 2014, Singapore--

南洋理工大学(Nanyang Technological University)は、2つの画期的な機能を持つ前例のないバイオマーカー(生体指標)を発表した。  まず、このバイオマーカーは、腫瘍細胞を検出すると発光して研究 […]

全文を読む

MRIと蛍光イメージングの両方に対応するナノ粒子でガンをモニタ

November, 25, 2014, Cambridge--

MITの化学チームは、生きた動物で同時にMRIと蛍光イメージングの働きをするナノ粒子を新たに開発した。このような粒子は、体内で造られた特定分子の追跡、腫瘍の環境のモニタ、あるいは薬剤がターゲットに到達しているかどうかを判 […]

全文を読む

黄斑変性の進行抑制に役立つ新しいレーザ治療

November, 25, 2014, Melbourne--

メルボルン大学の研究チームは、初期の加齢黄斑変性症(AMD)の患者に対する新しい、低エネルギーレーザ治療がプラス効果をもたらすことを見いだした。  他のレーザ治療と違い、この新しい高速レーザは網膜に損傷を与えない。同大学 […]

全文を読む

2光子重合からマイクロアクチュエータ

November, 21, 2014, Zurich--

チューリッヒ工科大学(ETH Zurich)の研究チームは、新材料と微細3Dプリンティング技術により、微小磁気アクチュエータの改良形態をを実現した。  マイクロメートルサイズのアクチュエータは、いずれ、薬や化学センサ分子 […]

全文を読む

UCI、血流感染を迅速に診断するテスト法を開発

November, 20, 2014, Irvine--

カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)の研究チームが開発した新しい血流感染テストは、前例のない精度で診断時間をスピードアップし、医師は死に至る可能性のある病気に罹った患者を迅速かつ効果的に処置することができる。 Wei […]

全文を読む

光に反応する血管受容体が血管疾患治療の新たな目標に

November, 19, 2014, Boltimore--

ジョンズホプキンス医科大学(Johns Hopkins Medicine)の研究チームは、光に反応して血管弛緩を起こす血管の受容体を発見した。これは血管疾患の治療に役立つ可能性がある。また研究チームは、これまで知られてい […]

全文を読む

喘息吸入器から肺までの薬剤粒子の流れをレーザでモニタ

November, 19, 2014, Cambridge--

ケンブリッジ大学とバーミンガム大学の研究チームは、レーザビームトラップを使って、喘息吸入器からの薬剤粒子の流れを調べた。この研究は、吸入器の効果改善に役立つと考えられている。  科学技術施設協議会(STFC)センタレーザ […]

全文を読む

前立腺ガンを迅速かつ安全に診断

November, 14, 2014, Dresden--

前立腺ガンの良性と悪性の区別は難しい。フランウンホーファーの研究チームが開発した新しい機器を用いた視覚分析によって医師は悪性種かどうかを高信頼に判断できる。  現在、前立腺の悪性腫かどうかを判断するために医師は患者の前立 […]

全文を読む

ポイントオブケア診断に強力な小型イメージングシステム

November, 12, 2014, Washington--

オランダとフランスの産学協同チームが開発した新しいハンドヘルドプローブは、医師にとって強力なイメージング機能を発揮する。  このイメージングシステムは、実験室のベンチトップ技術をPCスクリーンと小さなホッチキスサイズのプ […]

全文を読む

フランウンホーファーIIS、パノラマ式に見える内視鏡を実現

November, 12, 2014, Dusseldorf--

フランウンホーファーIISの研究チームは、取得した全画像を組み合わせてパノラマ画像にする新しいソフトウエアプログラム、Endoramaを開発した。  尿に血液が混ざるようなことがあると、これは膀胱ガンの兆候かも知れない。 […]

全文を読む

高速「ラベルフリー」イメージングで動脈プラークを発見

November, 7, 2014, Lafayette--

新しいタイプの医療イメージングが商用化間近になっている。これは、高速パルスレーザを照射して超音波信号を計測することで心臓血管疾患を診断することができる。  パーデュ大学(Purdue University)教授、Ji-X […]

全文を読む

ノースロップグラマン、テラヘルツICで記録達成

November, 4, 2014, Manhattan--

ノースロップグラマン(Northrop Grumman Corporation)は、世界最速のICアンプリファイアを開発した。これはギネス世界記録に認定されている。  このアンプリファイアは10個のトランジスタステージを […]

全文を読む

ライプチッヒ大学、分子光スイッチの新機能を発見

October, 30, 2014, Leibzig--

ライプチッヒ大学植物性理学部長、Dr. Christain Wilhelmは、「珪藻は特別な方法で光に反応し、その代謝作用を、変化する水中の光状況に適合させる」と説明している。  「青色または赤色の光の強度を計測する光受 […]

全文を読む

医療イメージング技術でガンを早期発見

October, 28, 2014, Newark--

ラトガース大学(Rutgers University)で開発されている新しい医療イメージング法は、医者のガンや他の病気の発見をこれまで以上に早め、治療を促進し、侵襲的で時間のかかる生検の必要性を減らすのに役立つ。  命を […]

全文を読む

青色LEDでインスリン分泌をコントロール

October, 23, 2014, Munich--

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)の研究チームは、抗生物質製剤を化学的に改良して光で活性化するようにした。その結果、プロトタイプ化合物、JB253は、膵臓細胞に青色の光が照射された時にのみインスリン分泌 […]

全文を読む

ナノ粒子を磁気ハンドルで操作しプローブに利用

October, 22, 2014, Palo Alto--

MITと複数の研究機関の研究グループは、生物学的環境で蛍光を発光し、生きた細胞の中で正確に位置を操作できる粒子を実現した。  この新しい技術によつて、体内あるいは細胞内を動くナノ粒子の位置を追跡することができるようになっ […]

全文を読む

HIVの動的動きをリアルタイムで観察

October, 17, 2014, New York--

ワイルコーネル医科大学(Weill Cornell Medical College)の研究チームは、ウイルス表面での、研究者がHIVタンパク質の「ダンス」と呼んでいる動きを見ることができる技術を初めて開発した。これは、人 […]

全文を読む

産総研、身体に負担なく何度でも血中脂質測定ができる高感度分光装置試作

October, 16, 2014, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)電子光技術研究部門光センシンググループ 古川祐光主任研究員は、微弱な生体透過光を効率よく測定して、血中成分を分析できる分光装置の試作機を完成させた。  この試作機は、近赤外光を高感度で高速に分 […]

全文を読む

金のナノ粒子で鼻汁の粘性を計測

October, 16, 2014, Washington--

ノースカロライナ大学(UNC)の研究チームは、金のナノ粒子と光を使って、気道のネバネバした物質の粘性を計測する方法を開発した。この新しい方法は、嚢胞性線維症や慢性閉塞性肺疾患などの肺の病気を医師がモニタし、治療するのに役 […]

全文を読む

光でニューロンの活動をセンシング

October, 15, 2014, Pasadena--

何年も前から神経科学者たちは、脳の回路の活動を、ニューロンが発火する最初の瞬間から組織全体の結果的な振る舞いまで、はっきりと見ることができるツールを開発しようとしてきた。この完璧な画像を得るために神経科学者たちは脳を研究 […]

全文を読む

カリフォルニア大学デイビス校、光で記憶を操作

October, 14, 2014, Davis--

カリフォルニア大学デイビス校(UC Davis)の神経科学・心理学センタの研究チームは、マウスの特定記憶を消去するのに光を使用した。これによって脳の異なる部分がどのように協力してエピソード記憶を回復するかの基本理論を証明 […]

全文を読む

細胞内の運送屋、タンパク質「ダイニン」の自己制御メカニズムを発見

October, 1, 2014, Tokyo--

NICT 未来ICT研究所の鳥澤嵩征研究員、古田健也主任研究員と、東京大学大学院総合文化研究科の豊島陽子教授らの研究グループは、ヒトの細胞の中の主要な物質輸送を担っているモータータンパク質であるダイニンが、活動の必要がな […]

全文を読む

顕微鏡技術で筋ジストロフィの新データ

September, 25, 2014, Los Angels--

生きた動物の単一分子をこれまでにない高解像度で見ることができる新しい顕微鏡技術により筋ジストロフィの原因について新たな発見が得られた。  CALM顕微鏡(Complementation Activated Light M […]

全文を読む

1 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。