All about Photonics

ニュース

VivoSight OCTを用いた基底細胞ガン臨床試験結果を発表

April, 2, 2014, Orpington--

マイケルソンダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics)は、VivoSight OCTを使用した基底細胞ガン診断のマルチセンター、予測臨床トライアルを完了したと発表した。 この研究では、臨床的に基底 […]

全文を読む

MIT、新しい顕微鏡技術で細胞の3D画像を捉える

April, 2, 2014, Cambridge--

MITの研究グループは、2007年、蛍光マーカーや他のラベルなしで生きた細胞の内部を3Dで詳細に見ることができる顕微鏡を開発した。この技術は、細胞密度と言った重要な特徴も明らかにした。 今回、細胞が微小流体チャネルを流れ […]

全文を読む

眼科機器市場2018年に94億6670万ドル

March, 31, 2014, Zurich--

マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、眼科機器市場(OCT、眼底カメラ、眼圧計、測厚器、視野計、細隙灯、エキシマ、YAGレーザ、フェムト秒レーザ、IOL、コンタクトレンズ)-勢力図と2018 […]

全文を読む

高速道路走行中の脳活動可視化に成功

March, 28, 2014, 名古屋--

中日本高速道路と共同研究者、東京大学生産技術研究所の須田義大教授は、脳機能近赤外線分析測定法(fNIRS/エフニルス:functional near-infrared spectroscopy)(注1)装置を車両に搭載し […]

全文を読む

ペンシルバニア大学設計のデバイス、脳卒中患者の個別ケアに有望

March, 27, 2014, Tübingen--

ペンシルバニア大学が設計した、急性脳卒中患者の脳血流(CBF)を非侵襲的、継続的にモニタするデバイスを使うことで、ベッドの頭(HOB)の位置が脳に至る血流にいかに影響をあたえるかが同大学の研究チームには分かってきた。 急 […]

全文を読む

暗闇でも機能する、世界初の光で活性化する抗菌面を開発

March, 27, 2014, London--

ロンドン大学(UCL)の研究チームは、院内感染を遮断することができる新しい抗菌材料を開発した。 2つの単純な染料とゴールドナノ粒子との組み合わせは、光で活性化すると、室内の光が少なくても、細菌には致死的となる。この種の物 […]

全文を読む

抗生物質を光でON/OFFスイッチング

March, 27, 2014, Karlsruhe/Kiev--

KITとキエフ大学の研究チームが、光で生物活性をコントロールできる抗生物質を開発した。 しっかりしたジアリールエテン光スイッチのおかげでペプチド模倣薬の抗菌効果を空間的、時間的に特殊な仕方で適用できる。これにより、副作用 […]

全文を読む

バクテリア細胞と非生物要素を組み合わたハイブリッドマテリアル

March, 26, 2014, Cambridge--

MITのエンジニアは、金(gold)やナノ粒子、量子ドット(QD)などの非生物材料を組み込んだ生物膜(biofilm)を細菌細胞に造らせようとしている。  これらの「生体を構成する物質」は環境に反応するという生きた細胞の […]

全文を読む

量子コンピューティングに有望な「超低温」分子

March, 24, 2014, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、レーザを使って原子を絶対零度に冷却しそれらを密着させることで新たな「超低温」分子を作製した。この技術は量子コンピューティング、高精度センサ、先端シミュレー […]

全文を読む

2D材料がオプトエレクトロニクスに有望

March, 19, 2014, Cardiff--

MITの研究チームは、光を抑制したり放出したりすることができるデバイス作製に厚さわずか数原子の新しい材料を使った。 この概念実証は、超薄型、軽量、柔軟な太陽電池、LEDおよび他のオプトエレクトロニクスデバイスにつながる。 […]

全文を読む

生物医学研究促進に寄与するBodkinスペクトラル顕微カメラ

March, 17, 2014, Newton--

ボドキン(Bodkin Design and Engineering)の新しい先進的な医療イメージングシステムにより、データを正確に示し、複雑な微細試料をリアルタイムで分析できる。 VNIR-90 Hyperspectr […]

全文を読む

フライブルク大学、タンパク質輸送の新しいメカニズムを発見

March, 14, 2014, Freiburg--

上皮組織は人体の臓器を埋め尽くしている。皮膚、腸、腎臓ではこの細胞層は、ホルモンや栄養物のような分子の交換を調整する境界を形成する。フライブルクの生物物理学者、Dr. Roland Thünauerと助教授Dr. Win […]

全文を読む

DARPA、生物・化学兵器検出用にコンパクトな高出力UVレーザ開発計画

March, 14, 2014, Arlington--

ラマン分光はレーザを使って分子の振動を計測し、素早く正確に未知物質を特定する。UV波長は隔離距離でラマン分光に適した波長であるが、国防省(DOD)の現在のUVベース戦術検出システムは大きくて高価であり、機能に限りがある。 […]

全文を読む

チューリッヒ大学、癌に的を絞った包括的な計測法を開発

March, 13, 2014, Zurich--

チューリッヒ大学の研究チームは、これまで達成できなかった数の癌関連要素を同時可視化できるイメージング法を開発した。 腫瘍の細胞プロファイルを知ろうとすると、細胞内および細胞間の隣接関係、回路構造が極めて複雑であり尽力を要 […]

全文を読む

パーキンエルマ、高スループットイメージングシステム発表

March, 12, 2014, Waltham--

パーキンエルマ(PerkinElmer, Inc)は、LaminaマルチラベルスライドスキャナをUSCAP 2014年次会議で発表した。 Laminaスキャナは、病理学者による蛋白発現量、ホルマリンで固定しパラフィンで包 […]

全文を読む

サルモネラ菌検出をレーザセンサでスピードアップ

February, 28, 2014, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、食品サンプルで増えるサルモネラ菌を従来の検出法よりも3倍速く特定するレーザセンサを開発した。 BARDOTと言う装置は、細菌コロニーをスキャンし、明確に特 […]

全文を読む

超高輝度、高速X線でタンパク質のシングルレイヤーを画像化

February, 28, 2014, Richland--

パシフィック・ノースウエスト国立研究所(PNNL)およびローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、XFELを使うことで既知のタンパク質の約25%の構造を詳細に知ることができるようになるという研究成果を発表し […]

全文を読む

グラフェン「サンドイッチ」で生物分子イメージング改善

February, 18, 2014, Chicago--

グラフェンシートの間に生物分子を挟むことで、シカゴのイリノイ大学(UIC)研究チームは自然な水様環境で分子の原子レベル画像を得ることができた。 分子、フェリチンは高度保存タンパク質で、動植物の鉄濃度を調整する。フェリチン […]

全文を読む

表面増強ラマン散乱を用いた新しい髄膜炎テスト

February, 17, 2014, Glasgow--

ストラスクライド純粋/応用化学部のDr Karen Fauldsは、同大学分子ナノ計測センタのPhD学生Kirsten Gracieと協働で1つの試料に存在する細菌を特定するために、表面増強ラマン散乱(SERS)として知 […]

全文を読む

オックスフォード・インストゥルメンツ、アンドールを買収 ナノバイオ分野を強化

February, 14, 2014--

研究開発・産業用のハイテクツールのプロバイダー、オックスフォード・インストゥルメンツは、アイルランドに本社を置くアンドール社を買収した。アンドール社は、自然科学、生命科学のためのハイパフォーマンス・カメラ、顕微鏡、ソフト […]

全文を読む

世界初のリアルタイム生体分子診断システム

February, 14, 2014, Singapore--

シンガポール国立大学(NUS)生体医用工学の研究チームは、独自開発した生体分子診断システムで複雑な癌診断プロセスを簡素化、高速化し、客観性を高めた。 この診断システムは、現在までのところ、内視鏡診断中、消化管の前癌状態の […]

全文を読む

バイオフォトニックと医療機器に使用されるLEDの市場予測

February, 10, 2014, Upper Lake--

エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、バイオフォトニックと医療機器に使用されるパッケージ化されたLEDの世界消費額調査結果を発表した。 2013年、バイオフォトニックと医療機器に使 […]

全文を読む

2014 Prism Awardsに5カ国9社の製品

February, 10, 2014, San Francisco--

SPIEとフォトニクスメディア主催、2014 Prism Awards受賞者がPhotonics Westで発表された。2014 受賞者(カテゴリと製品)は以下の通り。 ・先進的製造:ナノスクライブ(Nanoscribe […]

全文を読む

バイオフォトニックと医療機器に使用されるLEDの市場予測

February, 10, 2014, Upper Lake--

エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、バイオフォトニックと医療機器に使用されるパッケージ化されたLEDの世界消費額調査結果を発表した。 2013年、バイオフォトニックと医療機器に使 […]

全文を読む

アドバンテスト、テラヘルツ分光システムTAS7400販売開始

January, 31, 2014, 東京--

アドバンテストは、テラヘルツ波を用いた卓上型非破壊分光システム「TAS7400」シリーズ3機種の販売を2014年2月から開始する。 「TAS7400」は、同社テラヘルツ装置のハイエンド製品「TAS7500」の分光システム […]

全文を読む

新しいイメージング技術でタンパク質の振動を観察

January, 28, 2014, Buffalo--

テラヘルツ近接場顕微鏡をベースにして開発した技術を用いてバッファロー大学(UB)とハウプトマン-ウッドワード医療研究所(HWI)の研究チームは、多くの動物に見られる抗菌性タンパク質、リゾチームを初めて詳細に観察した。 研 […]

全文を読む

白内障診断と治療研究に300万ポンド調達

January, 28, 2014, Edinburg--

ヘリオット・ワット大学物理学名誉教授、Des Smith氏とRory Duncan氏が主導する研究チームは、白内障診断用の新しいシステムを開発する。これにより世界中で、不要な手術の費用、数百万ポンドが節約できると言う。 […]

全文を読む

染色なしで生体細胞を3Dイメージング

January, 24, 2014, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、白色光回折トモグラフィ(WDT)を開発した。このイメージング技術によって、生体細胞を、それに損傷を与えることなく見ることができ、細胞生物学者は細胞の過程、薬の効果、幹細胞の分化を史上で初めて観 […]

全文を読む

眼の細胞を初めてインクジェットプリント

January, 16, 2014, Cambridge--

UKの研究グループは、インクジェットプリント技術を用いて眼から取った細胞を初めてプリントした。 このブレイクスルーは、人の網膜の多様な細胞から造られた人工の移植組織片製造につながり、失明治療の研究に役立つ可能性がある。 […]

全文を読む

生物学的発想による接着剤で心臓をしっかりと封印

January, 16, 2014, Boston--

先天性心臓障害の治療に生物学的発想による、光で活性化する接着剤は、いずれ縫合のような侵襲的治療に取って代わると考えられている。 ブリガム&ウイメンズホスピタル(BWH)生体工学部、Jeffrey Karp, P […]

全文を読む

21 / 22« 先頭...10...1819202122

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。