All about Photonics

ニュース

発光コンタクトレンズで失明の主因を阻止

May, 14, 2018, Paradena--

世界中で数億人の人々が糖尿病を患い、病状が進行すると、失明、糖尿病性網膜症の危険が忍び寄る。既存の治療法は、効果的ではあるが、苦痛であり侵襲的で、眼にレーザや注射をする方法。Caltechの院生、Colin Cookは、 […]

全文を読む

レーザベースX線イメージングで高速化

May, 11, 2018, Garching--

ルートヴィヒマクシミリアン大学(LMU)、マックスプランク量子オプティクス研究所(MPQ)、ミュンヘン工科大学(TUM)の研究チームは、新しいレーザベースX線光源の臨床アプリケーションで大きく前進した。  その計測器が、 […]

全文を読む

EMBL Rome、神経因性疼痛を光で操作

May, 10, 2018, Heidelberg--

EMBL Romeの研究チームは、光を使ってマウスの神経性疼痛を操作する新しい方法を開発した。  神経因性疼痛の患者は、欧州人口の7~8%と言われている。  EMBL Romeの研究チームは、軽い接触への感度に関与する皮 […]

全文を読む

トロント大学、ポータブル3Dスキンプリンターを開発

May, 9, 2018, Toronto--

トロント大学の研究チームは、皮膚組織層を堆積し、深い傷を治療できるハンドヘルド3Dスキンプリンターを開発した。研究チームは、同プリンターが2分以下で、その場で組織を形成する初めてのデバイスであると考えている。研究成果は、 […]

全文を読む

Leti & Cellmic、レンズフリー診断と生体医用センシング普及に協力

May, 8, 2018, Grenoble--

CEA Techの研究機関Letiと、セルミック(Cellmic LLC)は、セルミックのコア特許でLetiの特許ポートフォリオを強化し、レンズフリーイメージングおよびセンシング技術の市場普及を促進するために協力する。セ […]

全文を読む

中赤外をカバーする超短パルスハイパワーレーザを開発

May, 8, 2018, Garching--

ルートヴィヒマクシミリアン大学(Ludwig-Maximilians-Universität)とマックスプランク量子オプティクス(Max Planck Institute of Quantum Optics)物理学研究所 […]

全文を読む

バイオチップのインプリンティングに新ツールを開発

May, 7, 2018, New York--

新技術により研究者は、より多くの生化学プローブをバイオチップに装着し、病気の発症に関係する変化のスクリーニングや分析コストを下げることができる。またバイオテロリズム物質の検出、他の研究分野も可能になる。  3Dプリンティ […]

全文を読む

光超音波トモグラフィで皮膚の精細な3D血管地図の作成に成功

May, 2, 2018, 京都--

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の八木隆行プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、京都大学の戸井雅和教授グループの1つ、齊藤晋 講師、津下到 […]

全文を読む

京都産業大学、オルガネラ(細胞小器官)間相互作用の可視化に成功

April, 26, 2018, 京都--

京都産業大学の遠藤斗志也教授、山形大学の田村康准教授らの研究グループは、スプリットGFPと呼ばれる分断された蛍光タンパク質を利用することで,複数の異種オルガネラ間の相互作用部位(コンタクトサイト)を、生きた細胞内で可視化 […]

全文を読む

動脈の3Dマップを合併症回避と口腔外科手術結果改善に役立てる

April, 25, 2018, West Lafayette--

パデュー大学関連のスタートアップは、人の口蓋動脈マッピング法を考案した。目的は、口腔外科手術における合併症回避と結果改善に役立てることである。  Starfish Engineering LLCは、光を使って口蓋組織の動 […]

全文を読む

表面増強ラマンによる非標識・無染色でのがん代謝の可視化に成功

April, 25, 2018, 東京--

慶應義塾大学の末松誠客員教授、同医学部 医化学教室の山本雄広専任講師らの研究グループは、富士フイルム株式会社 先端コア技術研究所の塩田芽実研究員、納谷昌之研究主幹らとの共同研究により、表面増強ラマンイメージング(Surf […]

全文を読む

生体内で神経を光刺激する世界最小のワイヤレス型デバイスを開発

April, 24, 2018, 奈良--

先端科学技術研究科 物質創成科学領域 光機能素子科学研究室の徳田崇准教授らの研究グループは、生体内で神経を光刺激するための世界最小のワイヤレス型デバイスを開発した。  生命現象を光で操作する技術は光遺伝学(optogen […]

全文を読む

Aalto大学、新しい3Dバイオプリンティング法を開発

April, 23, 2018, Espoo--

バクテリアセルロース(BC)ナノファイバは、従来の合成材料の性能を上回る可能性を持つ持続可能性材料開発の有望な構成要素である。ナノセルロースの最も純粋な形態の1つ、BCは、好気性バクテリアが空気に触れる培養基と空気の界面 […]

全文を読む

アデレード研究者、極細プローブで体温を計る

April, 19, 2018, Adelaide--

アデレード大学(University of Adelaide)の研究チームは、世界初の微小光ファイバプローブ(130µm径)を開発した。これは体温を計り、同時に体内深部を見ることができる。  新開発のプローブは、脳の薬物 […]

全文を読む

哺乳類細胞に赤い光で活性化される光遺伝学スイッチ

April, 18, 2018, La Jolla--

UCSDの研究チームは、哺乳類細胞で遺伝子をON/OFFする光活性化スイッチを開発した。これは最も効率的な、いわゆる「光遺伝学スイッチ」であり、赤と赤外光で活性化される。設計に成功し、すでに動物細胞でテストされた。また, […]

全文を読む

理研、高い強度と骨置換性を持つ人工骨を3Dプリンターで製作

April, 16, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センター画像情報処理研究チームの大山慎太郎客員研究員、辻村有紀テクニカルスタッフⅠ、横田秀夫チームリーダー、技術基盤支援チームの山澤建二副チームリーダー、株式会社リコーの渡邉政樹スペシャ […]

全文を読む

ALPHANOV、780nmコンパクトなピコ秒レーザプロトタイプ実現

April, 16, 2018, Bordeaux--

前立腺ガン診断医療アプリケーションを考慮してコンパクトなレーザプロトタイプが開発された。  前立腺ガンの診断は現在、一連の連続生検による侵襲的手順で実施される。これは、早期ガンで腫瘍を検出できるイメージング技術が存在しな […]

全文を読む

UCalgary研究者、ポータブル脳震盪イメージングシステムを開発

April, 13, 2018, Calgary--

現在、脳震盪を撮像する一般的な方法は存在しない。カナダ、カルガリー大学(University of Calgary)の研究者、Jeff Dunn, PhDは、そうした状況を変えたいと考えていた。同氏の研究チームは、脳震盪 […]

全文を読む

3Dプリント外科用縫合針設計に独自のインスピレーション

April, 13, 2018, Philadelphia--

テンプル大学機械工学准教授、Parsaoran HutapeaとPhD候補、Mohammad Sahlabadiは、3Dプリント外科用縫合針の新しいコンセプトを開発しているとき、独自の着想:ミツバチを見いだした。  Hu […]

全文を読む

イリノイ大学、コンピュータ顕微鏡でサブアトミック解像度達成

April, 13, 2018, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、分子相互作用を促進する:原子間力およびサブアトミック力をシミュレートできる「コンピュータ顕微鏡」を作製した。研究者によると、この装置は、生命の化学を理解し、大きな分子系をモデル化し、新しい医薬 […]

全文を読む

新しい「ナノピンセット」が医療にイノベーションを開く

April, 12, 2018, Austin--

テキサス大学、Yuebing Zheng准教授のチームは、光熱電ナノピンセット(OTENT)を開発した。これは、物質および生体系の理解向上、ナノフォトニクスにおける広範な基本的、技術的イノベーションの可能性を開く。ナノフ […]

全文を読む

新しいマイクロセンサで腎臓の透析治療をカスタマイズ

April, 12, 2018, Austin--

アイントホーフェン工科大学(TU Eindhoven)の研究チームは、腎臓透析液を直接モニタできるマイクロセンサを開発した。これは特定患者向けの人工透析への重要なステップであり、これによって標準透析液を利用する場合の深刻 […]

全文を読む

拡張現実(AR)でより正確な生検が可能

April, 10, 2018, Enschede--

トゥエンテ大学(University of Twente)は現在、SLAMとARをベースにしたスマートフォン技術を開発している。この技術により、医療関係者は、スマートフォンを関心領域に保持するだけで、3Dで身体部分を素早 […]

全文を読む

蝶の眼からヒントを得た新しいカメラ、イメージガイドで癌手術を改善

April, 10, 2018, Urbana--

蝶の複雑な視覚系を真似ることにより、イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)の研究チームは、従来の色画像と近赤外画像の両方を外科医に提供するカメラを作製した。近 […]

全文を読む

中空光ファイバを伝搬するマイクロレーザを開発

April, 4, 2018, Washington--

マックスプランク光科学(Max Planck Institute for the Science of Light)の研究チームは、粒子ベースのレーザを光ファイバ内でトラップし、初めて数cm進めた。新しいフライングマイク […]

全文を読む

極細内視鏡で脳内深部のニューロン発火をイメージング

March, 30, 2018, Washington--

人の髪の毛ほどに細い内視鏡が開発され、生きたマウスの脳内のニューロン活動を撮像することができる。内視鏡は非常に細いので、脳内深くに到達可能であり、研究者は他の顕微鏡や内視鏡では見ることができない領域にアクセスできる。   […]

全文を読む

個人化モデリングを使って心臓弁を置き換える

March, 27, 2018, Columbus--

オハイオ州立大学Wexner Medical Centerの医者は、大動脈弁置換術を受ける患者のケアを改善するために画期的なアプローチをとる。チームは、オハイオ州立大学工学部の生体医用工学チームと協力する。オハイオチーム […]

全文を読む

赤色/赤外光を使う光マモグラフィで乳ガンを診断

March, 27, 2018, Hollywood--

無害な赤色または赤外光を使う光マモグラフィ(OM)は、多量のイオン化放射を避けなければならない、繰り返しイメージングが求められる場合に、X線と連動して診断またはモニタリングに使用するために開発された。イタリア、ミラノの研 […]

全文を読む

BIOLIFE4D、高成長ヘルスケア3Dプリンティング市場をターゲット

March, 23, 2018, Chicago--

BIOLIFE4Dは、同社がレギュレーションA+クラウドファンディングオファリングの準備がととのったことから、高成長ヘルスケア3Dプリンティング市場についてコメントを発表した。  最近のレポートは、この世界市場は、202 […]

全文を読む

新しい光モジュールで甲状腺ガン検診改善

March, 23, 2018, Hollywood--

甲状腺ガンの早期診断は患者の回復可能性を向上させることができるが、現在のスクリーニング法は感度の低い機器を使い、不正確な結果を生み出すことになる。その結果、医師は不完全な情報に頼って診断判定を行い、処置を勧めることが少な […]

全文を読む

2 / 2512345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。