All about Photonics

Science/Research

マイクロレーザで内部から細胞を追跡

July, 28, 2015, St.Andrews--

セントアンドルーズ大学の研究チームは、マイクロレーザを供給することで多数の白血球のその日の活動を追跡することに成功し、生体医学に新たな面を開いた。  この技術は、体内でガンがどのように広がるかについて新たな知見を与えるも […]

全文を読む

蛍光材料で細胞の成長の仕方を解明

July, 27, 2015, LINKÖPING--

太陽電池用に開発された半導体ポリマファイバは、新しいヒト組織成長の優れたサポート材料である。リンシェーピング大学(LiU)の研究チームは、そのファイバが蛍光を発することを示した。これにより、生きた組織内の細胞の成長を追跡 […]

全文を読む

レーザでインプラントを3Dプリンティング

July, 24, 2015, Hannover--

レーザセントルム・ハノーヴァ e.V.(LZH)の研究チームは、プラチナ、ニッケル・チタン(NiTi)、ステンレス鋼製のインプラントを作製するために高度に自動化されたレーザ溶融プロセスを確立した。  このために、サーフェ […]

全文を読む

加齢黄斑変性症患者、Argus II 網膜移植を受ける

July, 24, 2015, Manchester--

マンチェスタロイヤルアイホスピタル(Manchester Royal Eye Hospital)とセカンドサイトメディカルプロダクツ(Second Sight Medical Products, Inc)は、世界初のドラ […]

全文を読む

BASFとPoietis、3Dバイオプリンティング技術でR&D提携

July, 15, 2015, Ludwigshafen/Pessac--

BASFは世界初の3Dレーザアシスト・バイオプリンティング企業Poietisと、化粧品の研究開発で契約した。 ヒト組織工学とバイオプリンティングにおける両社の専門技術統合を基盤にしたこの契約の狙いは、Poietisのバイ […]

全文を読む

タンパク質の非常に速い構造変化を計測する新手法を開発

July, 9, 2015, 和光--

理化学研究所(理研)田原分子分光研究室の乙須拓洋客員研究員、石井邦彦専任研究員、田原太平主任研究員の研究チームは、タンパク質分子の非常に速い構造変化を追跡する新しい計測手法を開発した。  タンパク質にはさまざまな機能があ […]

全文を読む

超安定計測を可能にする顕微鏡プラットフォーム

July, 9, 2015, Gathersburg--

宇宙物理学研究所連合(JILA)の研究チームは、個別分子の3D動作を何時間も正確に計測できるほど超安定な顕微鏡を設計した。現在の限界である数秒と比べると数100倍長い時間計測できる。  この技術は生体細胞をDNAの最小部 […]

全文を読む

イリノイ大学、目の個別細胞を見るイメージング技術を開発

June, 26, 2015, Champaign--

イリノイ大学の研究チームが開発したイメージング技術により、眼科医はコンピューティングパワーを使って患者の目の奥の細胞を個別に見ることができるようになる。  目の奥の細胞、血管、神経の詳細画像によって変性眼や神経疾患の早期 […]

全文を読む

超解像度生体イメージング顕微鏡

June, 24, 2015, Wilsonville--

顕微イメージングは、従来回折限界の制約を受けていた。これにより可視光では、空間分解能が数百ナノメートル(nm)に制限される。この限界を超えることは、医学、材料科学などいくつかの分野で大きなメリットがある。  研究チームは […]

全文を読む

理研、光遺伝学によってマウスのうつ状態を改善

June, 22, 2015, 和光--

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター 理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの利根川進センター長、スティーブ・ラミレス大学院生らの研究チームは、うつ様行動を示すマウスの海馬の神経細胞の活動を操作して、過去の楽しい記 […]

全文を読む

新しいイメージング技術によって脳腫瘍切除が安全になる

June, 22, 2015, Baltimore--

腫瘍の切除、特に脳腫瘍の切除で大きな課題は、健全な組織だけを残し、可能な限り多くのガンを切り取ることである。  手術中に医師が使える現在のイメージングツール、例えばMRIは、時間がかかり、高価であり、継続的なガイドができ […]

全文を読む

致死性細菌を高速特定できる新しい顕微鏡技術

June, 16, 2015, Washington--

韓国科学技術院(KAIST)によると、顕微鏡にわずかな変更を加えるだけで、バクテリア(細菌)を迅速に特定する新しい方法は、致死性の感染が発症する可能性がある患者に対する医師の処置方法を変え、有害な病原体を持つ汚染に対する […]

全文を読む

ボン大学の研究者、喉頭筋肉を光で刺激

June, 10, 2015, Bonn--

ボン大学の研究チームは、マウスの喉頭筋肉を光を使って刺激する方法を見いだした。最終的にはこの方法は、発声や呼吸困難に陥る喉頭麻痺の治療オプションとなる。  筋肉は、収縮による神経刺激に反応する。通常、光はこのような収縮を […]

全文を読む

高解像度マイクロ内視鏡の利用で不要な生検を排除

June, 9, 2015, Houston--

ライス大学と中国医科学アカデミーなどの研究者で構成される研究チームは、ライス大学が開発した、ローコスト、ポータブルのバッテリ駆動マイクロ内視鏡を使うことで、食道ガンの標準的な内視鏡検査を行っている多くの患者が、最終的に高 […]

全文を読む

シリコーンマイクロスフィア作製法を開発

June, 4, 2015, Champaign--

イリノイ大学の化学者が微小なシリコーンマイクロスフィアを作製する新しい方法を開発した。これは、家庭の加湿器と同じ技術。これにより、医療イメージングや薬剤の標的送達にハイテクの次の波が可能になる。  赤血球程度のマイクロス […]

全文を読む

NIMS、超分子カーボン材料のパターン化による細胞の分化制御に成功

June, 4, 2015, つくば--

物質・材料研究機構(NIMS)国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 超分子ユニットの南 皓輔 研究員、有賀克彦 ユニット長と、生体機能材料ユニットの山崎智彦 MANA研究者らは、炭素材料の1つであるフラーレンの柱状結晶を用 […]

全文を読む

昆虫の複眼のような機能の液晶ベース複合レンズを開発

May, 26, 2015, Pennsylvania--

ペンシルバニア大学の工学、物理学研究チームは、液晶を使って自然界にあるものと同じ複合レンズの作り方を実証した。  この液晶が落ち着こうとする配置を利用して研究チームは、制御可能なサイズで複合レンズを造ることができる。   […]

全文を読む

新規データが示すSt. Jude Medical、OCT技術の有用性

May, 25, 2015, St. Paul--

医療機器会社、セントジュード・メディカル(St. Jude Medical, Inc)は、ILUMIEN Iトライアル暫定成果とILUMIEN II臨床研究の最終結果を発表した。  経皮冠動脈インタベンション(PCI)処 […]

全文を読む

蝶をほとんど見えなくする低反射翅

May, 20, 2015, Tustin--

 グラスウイングバタフライ(Greta oto)の透明な翅の不規則なナノ構造は光の反射を妨げる。  グラスウイングバタフライは、羽が透明であるにもかかわらず、ほとんど光を反射しない。その結果、捕食鳥は飛びながらその蝶を追 […]

全文を読む

昆虫の色に大規模、高品質3Dフォトニッククリスタル自己組織化のヒント

May, 18, 2015, New Haven--

光学技術者が長年苦労して達成しようとしていたものは、進化がハチ、蝶、甲虫に生み出していた。イェール大学の研究チームによると、それは精密に組織化されたバイオフォトニック結晶で、太陽電池、光ケーブル、化粧品や塗料の改善にも使 […]

全文を読む

脳の深部を見るレーザスキャニング顕微鏡を開発

May, 18, 2015, Aurora--

コロラド大学アンシュッツ医療キャンパスの神経科学とバイオエンジニアリングの研究チームは、生きた脳の内部深くを覗くことができる微小光ファイバマイクロスコープを開発した。  論文の著者の1人、Diego Restrepo教授 […]

全文を読む

合成DNA内にシルバーナノクラスタを育成してアレイ化

May, 14, 2015, Santa Barbara--

UCサンタバーバラ(UCSB)、Beth Gwinn研究グループは、貴金属を使って、固有の蛍光特性を持つナノスケールのシルバークラスタを造る。この特性は、生体医療イメージングを含む多様なセンシングアプリケーションにとって […]

全文を読む

網膜細胞の活動を調べる新技術を実証

May, 12, 2015, Trieste--

新しい方法で「変わった」光ファイバを用いて、先進研究国際スクール(SISSA)の国際研究チームは、ロッドの光応答、網膜の感光性細胞を調べることで、光が当たる細胞の領域にしたがって光強度が変わることを実証した。  光を神経 […]

全文を読む

ビッグデータ解析と計算流体力学に革命を起こす光処理技術

April, 30, 2015, Cambridge--

ケンブリッジUKの光処理会社、Optalysysは、スケーラブル、レンズレスデザインで数学関数を光で処理できる実証可能なプロトタイプの開発に成功したと発表した。  Optalysysの光処理システムは、著しく高速、省エネ […]

全文を読む

EPFL、呼吸検査で頭と首のガンを発見

April, 28, 2015, Lausanne--

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が国際的協力を得て開発したポータブルデバイスで、人の呼吸からある種のガンの存在を検出することができる。 EPFLが開発した技術は、喉あるいは口、頭や首のガンを人の呼吸を分析するこ […]

全文を読む

新開発の蛍光プローブでリソソームpHを検出

April, 24, 2015, Houghton--

ミシガン技術大学の研究グループが開発した新しい蛍光プローブの目的は、リソソームの検出にある。  リソソームは、動物細胞の廃棄物である。リソースは限られているので、有機物質は解体され、リサイクルされる。これがリソソームの働 […]

全文を読む

新しい分光法で分子プロセスを解明

April, 23, 2015, Chicago--

新開発の分光法が、あまり明確になっていない分子プロセスを明らかにするのに役立つ。このプロセスでは、抗HIV薬がウイルスの遺伝物質において致死突然変異を誘発する。シカゴ大学とMITの研究成果は、次世代の抗ウイルス治療の開発 […]

全文を読む

UCLA研究者、大型粒子を高速で細胞に送達

April, 21, 2015, Los Angels--

UCLAの研究チームが開発した新しいデバイスは、究極的には病気の発展の研究に役立つ可能性がある。研究者は改善された画像で細胞内を見ることができ、これが医療や生物学的研究における別の改善にもつながる可能性がある。  研究チ […]

全文を読む

光を取り込むナノワイヤで人工光合成

April, 21, 2015, Berkeley--

米国エネルギー省(DOE)ローレンスバークリー国立研究所(LBL)とカリフォルニア大学バークリー校の研究グループは、自然の光合成プロセスを模倣する、半導体ナノワイヤとバクテリアのハイブリッドシステムを開発した。  この新 […]

全文を読む

遺伝子操作していない通常のニューロンを光で刺激する

April, 20, 2015, Chicago--

シカゴ大学とイリノイ大学の研究グループは、ターゲット金ナノ粒子を使用することで、遺伝子操作をしていない通常のニューロンを光で活性化できる、と報告している。  この新しい技術は、現在の光遺伝学的方法に対する潜在的な優位性を […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。