All about Photonics

Science/Research 詳細

LZH、食肉処理プロセス、レーザで鶏肉を殺菌

1

January, 27, 2021, Hanovar--鶏肉は、バクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理における塩素処理は、利用が制限されており,EUでは認められていない。新しい研究プロジェクトで、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、UVレーザ処理とバクテリオファージを組み合わせた殺菌を計画している。

カンピロバクターは、全ブロイラーの約半数に見つかる。また、1/5はサルモネラ菌に汚染されている。細菌負荷を減らすために、LZHの研究者は、ODLAB研究プロジェクトで殺菌のためにUV照射を立証したいと考えている。死骸つまり肉で可能な限り多くの箇所に届くために、プロジェクトパートナーDIL (German Institute of Food Technology)は、バクテリオファージで追加処理テストを行う。バクテリオファージは、バクテリアに侵入するウイルス。この場合、カンピロバクターに特化したファージが使用される。これは、バクテリアの細胞を破壊できる。2つの技術を組み合わせることで、目的は、可能な限り多くの細菌を無害にすることである。

焦点は実行可能性
LZHの食品と農業グループにとって、焦点は、その方法の効果と実行可能性。実験室スケールで、チームは現在、テスト条件を開発しており、様々な病原菌への効果を調べ、検出限界をテストしている。肉の品質が除染の影響を受けないことが重要である。他のプロジェクトパートナーとともに、チームは実際の運用条件に適したプロトタイプの開発を考えている。

(詳細は、https://www.lzh.de)