All about Photonics

Science/Research 詳細

LZH、抵抗性雑草への対処に新戦略

lzh-pm-luruu_bild3_1

January, 18, 2021, Hannover--Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)によると、フォクスティルやウインドグラスなどの草が、農地で危急の問題になっている。深刻な蔓延で農民は、農地を完全生産中止にしなければならない事態に直面している。雑草や除草剤抵抗性に対処する代替法開発のためにLZHは、LURUUリサーチプロジェクトで、ハノーバ地域の農民とともにレーザベースのアプローチをテストしている。、

レーザベースのアプローチの基盤は、カメラと対象認識ソフトウエアを使って雑草を究めて正確に検出すること。レーザは、雑草の成長中心に特に照射され、損傷を与えるはずである。最初の暫定テストは有望であった。新しいプロジェクトでは、このアプローチがフォクスティルやインドグラスなどに拡張されることになっている。双子葉植物と対照的に、雑草の成長中心は見つけるのが難しい。

抵抗を回避
LURUUリサーチプロジェクトでは、LZHの研究者は、多様な段階とサイズで、双子葉雑草スレンダーオオスズメノテッポウやウインドグラスを信頼度よく認識できるように、画像認識ソフトウエアをトレーニングしている。加えて、プロジェクトは、ロバストな、フィールド適用、特に可動レーザユニットの開発を目標にしている。これは、植物の認識とレーザシステムを統合したユニットになる。パートナーは、被害区域でそのシステムのテストをしたがっている。農民、NAN、LWKの植物保護局は、その実用的適合性のアプローチに助言を与え、テストする。目的は、除草剤の抵抗回避のための戦略を開発すること。除草剤利用の減少は、抵抗の発達を鈍化させるからである。

作物に成長優位性、種の多様性保護
 レーザで雑草に損傷を与えるのは、純粋に熱である。作物は決定的な成長優位性を獲得する。したがって、光、水、栄養素を勝ち取る。このアプローチでは、雑草は必ずしも完全に排除されなくて良い。完全な作物保護の一環として、雑草に対する除草剤の利用を減らし、除草剤抵抗を防ぎ、農地にけける種の多様性を促進する。

農民にとっては、抵抗の問題は、すでに非常に現実的である。Isernhagenの農民、Friedel Köneckeは、プロジェクトに関与しており、プロジェクト参加の動機について、「有効成分の多くの組合せを使い続けることは、ますます困難になる。輪作は幅広く行っているが、安全に雑草をコントロールすることには大きな問題がある。わたし自身、革新的であり、偏見がない。わたしの考えを役立てることができればと考えている」とコメントしている。同氏は、待ち望まれた知識の利点を農場の後継者に伝えたいと考えている。
(詳細は、https://www.lzh.de)