All about Photonics

Science/Research 詳細

レーザで食肉処理過程の鶏肉を殺菌

23-1

September, 23, 2020, Hanover--鶏肉はバクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理で塩素処置はEUでは認められていない。Laser Zentrum Hannover eV (LZH)は、現在、新しい研究プロジェクトで、UVレーザ処理とバクテリオファージを組み合わせたいと考えている。

カンピロバクタは、ブロイらのほぼ半分に見つかり、その1/5はサルモネラ菌に汚染されている。バクテリア負荷を減らすためにLZH研究者は、ODLAB研究プロジェクトでUV照射を使用している。これは殺菌効果がある。死骸つまり肉の可能な限り多くの場所に届くようにするために、プロジェクトパートナーDIL (German Institute for Food Technology eV)は、バクテリオファージで追加テストをする予定である。バクテリオファージは、バクテリアに侵入するウイルス。この場合は、カンピロバクタに特化したファージが利用される、それはバクテリア細胞を破壊することができる。その2つの技術を組み合わせることで、可能な限り多くの細菌が無害になる。

食品と農業グループには、焦点はその方法の効果と実用性である。ラボスケールで、グループは現在、テスト条件を開発しており、様々な病原菌に対する効果を調べ、検出限界をテストしている。それは重要である、肉の品質は、除染で損なわれてはならない。他のプロジェクトパートナーとともに、グループは、実際の動作条件に合うようなプロトタイプを開発しようと考えている。

(詳細は、https://www.lzh.de)