All about Photonics

Science/Research 詳細

飛蚊症の安全なレーザ治療がスタート

xfloater

August, 3, 2020, Hannover--ガラス体混濁、いわゆる飛蚊症は、多くの人々の視覚を混乱させる。これまで、この加励に関連する目の変化の治療は、推奨されないことがよくある。新しい研究プロジェクトはでは、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、安全なレーザベースの治療法の基礎を作りたいと考えている。

眼のガラス体混濁の従来の治療は、非常に危険が多く、症状をさらに悪化させることになり得る。既存の治療法は、必ずしも合併症をともなわないわけではない、レーザビトレオライシス(laser vitreolysis)。眼科医は、手動で飛蚊症を見つけ、次にパルスレーザでそれらを消す。

エネルギーを少なく、測位向上
LZH Biophotonics Groupは、XFloaterプロジェクトでこのアプローチを一段と最適化することを考えている。一方、フェムト秒(fs)レーザを使用する。レーザ照射の短パルス化により、眼に入るエネルギー量はさらに少なくできる。この方法で、白内障、緑内障形成などの合併症を回避し、網膜に近い目の後ろ側での利用が可能になる。

他方、研究チームは、OCTを使って、誤差なくレーザで飛蚊症を狙う。このために研究チームは、角膜やレンズの自然収差を補償もしなければならない。また、適応光学も使い、より小さな焦点と高精度を可能にする。

眼の後ろ側でレーザの利用
これまで、フェムト秒レーザを目の後ろ側で利用する際に網膜の安全に関して、まだ多くの未解決の問題がある。Biophotonics Groupは、眼の後ろ側でレーザ応用の領域を拡大するために安全パラメータを引き出したいと考えている。

(詳細は、https://www.lzh.de)