All about Photonics

Science/Research 詳細

皮下の血管の様子を非接触・リアルタイムで鮮明に可視化

1

October, 30, 2019, 奈良--奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 情報科学領域 光メディアインタフェース研究室の久保尋之助教、岩口尭史博士後期課程学生(現:九州大学助教)、舩冨卓哉准教授、向川康博教授らと、米国・カーネギーメロン大学のSrinivasa G. Narasimhan教授、アリゾナ州立大学のSuren Jayasuriya助教らによる研究グループは共同で、皮下の血管の様子を非接触かつリアルタイムで鮮明に可視化する技術を開発した。
 この技術によって、血管が細いため、注射や採血が難しい高齢者や子どもの静脈の視認が容易になるほか、足の血管がこぶのように膨らむ下肢静脈瘤などの疾患の診断などへの応用が期待される。
 研究成果は、IEEE Transaction on Visualization and Computer Graphics (TVCG) に掲載された。

(詳細は、http://www.naist.jp)