All about Photonics

Science/Research 詳細

ジョージワシントン大学病院とNovarad、初のAR手術技術で提携

26154358KSL

September, 26, 2019, Washington--ジョージワシントン大学病院とNovaradは、提携して、手術設定で米国初の拡張現実(AR)医療ソリューションを発表した。
 数十年に及ぶNovaradのイメージング処理経験を基にして、Microsoft HoloLensを活用したOpenSight Augmented Reality Systemは、患者の2D、3D、4D画像を対話的に表示する、同時に正確にそれを患者の身体に直接オーバーレイする。提携は、術前計画の新たな世界の到来を告げるものである。重要な術前や手術の障害を取り除き、患者の死亡、死亡率を最小化する。
 早期技術は、範囲と有効性が制限されたものもあったが、OpenSightは、術前位置や手術オプションの計画のために、患者の3Dイメージングホログラムを患者の上に可視化するように設計されている。3Dホログラムは、Microsoft HoloLensハードウエアとOpenSight技術の組合せを使う機器で、難処理システムで生まれたものである。
 「OpenSightにより外科医は、医療画像を患者の身体にオーバーレイできるので、手術台の上の患者を見るだけでなくCTホログラムも見ることができる。この技術を使うことは、学術的病院としてのわれわれのミッションの終点に一致するものである」とジョージワシントン大学病院教授、Dr. Babak Saraniはコメントしている。
 ヘッドセット内の赤外カメラは、範囲と位置を決める技術を持つ。これにより、患者を含む周囲環境をマッピングする。対象がどこにあるかを確定し、3D位置決めのためのメッシュ表面マップを作る。患者に視覚的トラッキングタグを設置すると、動きに追従し、一段と高い精度が可能になる。画像機能には、医者をガイドする仮想切除、シャント、針の穿刺が含まれる。椎弓根スクリュー、ACLトンネルや他の器具の適切な入口と軌跡の発見、介入生検などが含まれる。
 「手術で変革が始まりつつある。ジョージワシントン大学は、その先頭に立っている」とDr. Gibbyは言う。「NovaradのOpenSight拡張現実デバイスを使い、医者は文字通り患者と患者の体内を同時に見ることができる。高解像度先進的ホログラフィックイメージングは、患者の上に光学的精度で3D統合されている。この変革的技術は、より高精度の医療の世界における結果改善に有望である」。
 この提携を通じて利用できるようになった技術は、回避すべき解剖学的に重要な構造を目立たせ、手術アプローチをより正確に計画できるようにする。マルチヘッドセットをユーザ間で共有し、経験不足の研修医の訓練を改善することができる。医学生が、死体で仮想切除を行うことができる教育用ソフトウエアも利用できる。
(詳細は、https://www.novarad.net)