All about Photonics

Science/Research 詳細

人体に似た複雑な化学環境を分子プリンティング技術で再生

Fluorescently-labeled-protein-patterns-within-different-types-of-3D-hydrogels-5-640

December, 27, 2017, London--クイーンメリー大学の研究チームは、複雑な生物環境に機会を開く新しいパターニング技術を開発した。
 3DEALは、ヒドロゲルなどの柔らかな材料に複雑な分子パターンを生成できる簡素で安価な製造技術。分解能はマイクロスケール、深さ数センチまでが可能。
 この技術により、化学成分の空間コントロールで3Dヒドロゲル環境を設計することができる。これにより、3D分子勾配、分子パターンなど生物学的シナリオの再現に道を開くことができる。これは、新しい薬剤スクリーニングプラットフォームの設計、複雑な再生医療構造物構築に利用できる。
 主席研究者、Alvaro Mataは、「人体は概ね、異方性、階層的、また大部分3D構造で造られている。そのような構造の物理的、化学的特性を再現できる環境を作製する新しい方法は、より効率的な薬剤開発、より高機能な組織や器官構築の設計法で重要な意味を持つ」とコメントしている。
 3DEALの重要な設計的特徴は、電界と多孔性マスクの利用である。これによりヒドロゲル内で複数タイプの分子を動かし、特異的に局在化するため使用できる。
 3D Electrophoresis-Assisted Lithography (3DEAL)は、機能性パターンや異方性ヒドロゲルを造る3D分子プリンティング。