All about Photonics

Science/Research 詳細

超音波と光を使う新しいイメージングカテーテルでプラーク診断

IVUS-FLIm-catheter

October, 19, 2017, Davis--UC DavisのLaura Marcu生体化学工学研究室は、血管内超音波法(IVUS)と蛍光寿命イメージング(FLIm)を単一のカテーテルプローブに初めて統合し、生きた心臓の微細動脈を撮像できるようにした。新しいカテーテルは、動脈プラークの構造的、生体化学的情報を同時に抽出でき、心臓発作をより高信頼に予測できるようになった。
 レーザ短パルスを光ファイバで送って組織内の特殊分子を励起すると、微小な戻り光が出る。放出光の強度と持続時間は、コラーゲン、エラスチン、脂質の量など、組織の生体化学的組成に依存する。統合されたFLIm-IVUSイメージングカテーテルにより、動脈硬化性プラークがどのように形成されるかの包括的な洞察、診断、治療に対する反応を知ることができる。
 新しいカテーテルは、生きた豚の心臓および人の冠動脈サンプルで試験された。
 研究に使用されたカテーテルは、標準的な手順で、生きた人の冠動脈にアクセスできるほどに柔軟である。研究チームは、データを素早く収集するプローブの能力と心臓の運動との干渉も克服した。チームは、透明溶液を使って血液を置き換え、動脈壁がはっきりと見えるようにした。重要な点は、このイメージングカテーテルシステムには蛍光トレーサ注入、カテーテル処置の特別な変更が不要なことである。
 研究チームは、この新しい血管内診断技術が、患者と研究者の両方に恩恵をもたらすと考えている。このFLIm-IVUS技術によるプラークの生体内評価は、プラーク破裂の背後にあるメカニズムに対する理解を改善することができるだけでなく、心臓疾患の患者の診断と処置も改善することができる。Marcuのグループは、この新しい血管内技術を人間の患者でテストするために、FDAの承認を得ようとしている。