All about Photonics

Products/Applications

UGentとImecのスピンオフ、INDIGO、700万ユーロの融資獲得

December, 27, 2016, Ghent--

ゲント大学(UGent)とImecのスピンオフ、インディゴ(Indigo Diabetes nv)はシリーズA融資ラウンドで700万ユーロを獲得した。資金獲得成功は、指を針で刺すことなく血糖値を計測し管理する同社の開発を […]

全文を読む

ピコクワント、蛍光分光計と顕微鏡を結合

November, 1, 2016, Berlin--

ドイツのR&D企業、ピコクワント(PicoQuant)は、モジュラ時間分解分光計FluoTime 300向けに新たなファイバ結合サンプルホルダを発売した。このホルダにより、MicroTime 100などの顕微鏡 […]

全文を読む

仮想現実技術を組み込んだ顕微鏡イメージングシステムを初めて利用

September, 5, 2016, NY--

マウントサイナイ・ヘルスシステム(Mount Sinai Health System))神経外科教授、システムチェア、Joshua Bedersonは、ライカマイクロシステムズ(Leica Microsystems)の顕 […]

全文を読む

従来機の5倍以上のスピードで画像を取得、走査型プローブ顕微鏡

September, 2, 2016, 京都--

島津製作所は、従来機の5倍以上のスピードで画像データを取得可能な高スループット走査型プローブ顕微鏡「SPM-9700HT」を発売した。  走査型プローブ顕微鏡(SPM:Scanning Probe Microscope) […]

全文を読む

島津製作所、近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」発売

August, 30, 2016, 京都--

島津製作所は、薬剤ICG(インドシアニングリーン)を励起して発生させた近赤外蛍光を撮影することでリンパ管を“見える化”し、乳がんの手術における転移診断を支援する近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」を発売し、医 […]

全文を読む

インプラントに先立ち視覚シミュレータで人工レンズ設計をテスト

August, 23, 2016, Heidelberg--

スペインの研究チームは、ハンドヘルド同時視覚シミュレータ(SimVis)のデモンストレーションを行った。SimVisにより白内障患者は、その装置を覗き見ることでインプラントレンズが視覚にどのように影響するかを経験すること […]

全文を読む

極微細蛍光内視鏡イメージングシステムを商品化

July, 21, 2016, 仙台--

東北大学大学院医学系研究科 小山内実准教授を中心とした研究グループと株式会社ルシールが共同で研究・開発した「極微細蛍光内視鏡イメージングシステム(Ultra-thin Fluorescence Endoscope Ima […]

全文を読む

オン・セミコンダクター 、CCDイメージセンサの近赤外線性能を向上

July, 15, 2016, Washington--

オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)の日本法人オン・セミコンダクターは、CCDイメージセンサの近赤外線の感度向上技術により、要求の厳しい産業用アプリケーションにおけるイメージング性能を向上した。   […]

全文を読む

GreenLight XPS Laser Therapy System採用でコストと再入院減少

June, 16, 2016, Marlborough--

ボストンサイエンティフィック(Boston Scientific Corporation)は、同社のGreenLight XPS Laser Therapy Systemが、国立医療技術評価機構(NICE)から積極的ガイ […]

全文を読む

Anitoa、超微光CMOSイメージセンサ技術ベースの化学発光センサ実証

June, 1, 2016, Menlo Park--

Anitoa Systemsは、ローコスト、ポータブルCMOSベース化学発光リーダのデモンストレーションを行い、それを免疫測定法(CLIA)に適用した。  このCMOSベースソリューションは、試料のタンパク質巨大分子など […]

全文を読む

ブリルアン顕微鏡で細胞間プロセスを非接触3Dイメージング

May, 16, 2016, Santa Clara--

レーザクオンタム(Laser Quantum)のtorus 532が、ブリルアン散乱をベースにしたラベルフリー顕微鏡技術でどのように使用されているかの詳細を最近のG. Scarcelliらの研究が明らかにしている。この技 […]

全文を読む

島津製作所、赤外顕微鏡「AIM-9000」を発売

May, 13, 2016, 京都--

島津製作所は、業界最高クラスとなる30,000:1のS/N比での測定が可能であり、測定対象を20箇所まで自動認識する機能などを搭載して大幅な自動化を実現した赤外顕微鏡「AIM-9000」を発売した。  製品は、“簡単”か […]

全文を読む

OCTベースのラベルフリー血管造影技術を発表

May, 12, 2016, Logan/Durham--

Wasatch Photonicsは、研究とOEMアプリケーション向けに高解像度血管造影イメージング用、WP MicroAngioを発表した。  MicroAngio技術により、外的な造影剤を使うことなく顕微レベルで血管 […]

全文を読む

ホロトモグラフィ、リアルタイム、ラベルフリーで細胞を可視化

April, 25, 2016, Daejon--

KAISTの研究チームは、細胞を見たり分析するための革新的な生物医学イメージングツール、HT-1を開発した。これは商用販売される。  KAIST物理学部、YongKeun Park教授の研究チームは、生きた細胞を染色なし […]

全文を読む

PG&O、AvotecのReal Eye Nanoに特注光コンポーネントを供給

March, 16, 2016, Santa Ana--

プレシジョングラス&オプティクス(PG&O)は、アボテック(Avotec, Inc)が開発した高磁場MRI付属品向けに薄膜光コンポーネント2点のカスタマイズを発表した。  Real Eye Nanoは […]

全文を読む

imec、コンパクトなレンズフリーデジタル顕微鏡を紹介

February, 19, 2016, San Francisco--

SPIE フォトニクスウエスト(Photonics West 2016)でimecは、マイクロメートルの解像度、大きな視野でライブイメージングできるレンズフリー顕微鏡のデモを行う。imecのオンチップレンズフリー顕微鏡は […]

全文を読む

胎児の動きを見る光ファイバセンサ

January, 14, 2016, Adelaide--

新開発のファイバオプティックセンサを用いることで体外受精(IVF)プロセスの初期段階胎児モニタリングプロセスが、容易になる。同センサは、溶液の過酸化水素とpHを同時に計測することができる。論文はSensors誌に掲載され […]

全文を読む

Evena Medical、初の臨床医向けスマートグラスを発表

November, 27, 2015, Roseville--

Evena Medicalは、Eyes-On Glasses 3.0を発表し、臨床現場で装着可能な初の深部組織血管イメージング用超音波システムを臨床医に提供する。  マルチスペクトラル光イメージングと無線接続を組み込んだ […]

全文を読む

VivoSight OCTスキャナの利用で基底細胞ガンの初期診断改善

October, 23, 2015, Maidstone--

マルチビームOCT技術にフォーカスしているマイケルソンダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics)は、同社のVivoSight OCTスキャナの利用が初期段階の基底細胞ガン(BCC)の診断を大幅に改 […]

全文を読む

アドバンテスト、光超音波顕微鏡 Hadatomoを開発

October, 2, 2015, 東京--

アドバンテストは、生体皮膚下3 mmの血管を非侵襲で画像化できる光超音波顕微鏡を開発した。  再生医療をはじめとした皮膚の研究において、その評価手法は生体組織検査(生検)が一般的であるが、生検では経時変化の確認が難しく、 […]

全文を読む

ZEISS、初のOCT血管造影法技術FDA認可

September, 7, 2015, Jena--

ツァイス(ZEISS Medical Technology)は、AngioPlex OCT血管造影法は、米国食品薬品局(FDA)の510(k)認可を得た初めての技術であると発表した。  ZEISSのCIRRUS HD-O […]

全文を読む

脳内のガンや脊髄腫瘍の確認にCellvizioを利用

September, 1, 2015, Paris--

複合共焦点レーザ内視鏡(CLE)プラットフォーム、Cellvizioを開発したMauna Kea Technologiesは、Cellvizioが従来の外科生検利用と同じ結果で、病状のリアルタイム組織学的診断ができること […]

全文を読む

フジクラ、内視鏡向け高解像度イメージファイバの開発

July, 7, 2015, 東京--

フジクラは、内視鏡用途として従来よりも解像度を向上させたイメージファイバを開発した。  近年、医療の低侵襲化(手術・検査による患者への負担を出来るだけ軽減すること)が求められており、内視鏡を用いた手術・検査の実施件数が増 […]

全文を読む

皮膚ガンスクリーニングにスマートフォンを利用

June, 25, 2015, Vancouver--

バンクーバで開催された世界皮膚科会議で、皮膚ガンモニタ用のスマートフォンアプリケーションが紹介された。 Digital Health Hubディレクタ、Maryam Sadeghiが、サイモンフレーザ大学(Simon F […]

全文を読む

スマートフォンをバイオセンシングに利用

June, 3, 2015, Sydney--

オーストラリアの研究チームは、スマートフォンが経済的なポータブル生物学的分析機器に使用できることを示した。  ナノスケールバイオフォトニクスセンタ(CNBP)、オーストラリア研究カウンスル(ARC)研究拠点の研究チームは […]

全文を読む

Anitoa Systems、超微光CMOSバイオ光センサ利用しコンパクトqPCR

May, 26, 2015, Palo Alto--

Anitoa Systemsは、中国の浙江大学と提携し、Anitoaの超微光CMOSバイオ光センサを用いたハンドヘルド定量的ポリメラーゼ連鎖反応システム(qPCR)のデモンストレーションに成功した。  同社のハンドヘルド […]

全文を読む

スマートフォンビデオ顕微鏡で血中の寄生虫を自動検出

May, 21, 2015, Berkeley--

UCバークリの研究チームは、ビデオを使って一滴の血液で、寄生虫による感染を自動的に検出し、定量化する新しいスマートフォン顕微鏡を開発した。  UCバークリ(UC Berkeley)のCellScope次世代技術は、フィー […]

全文を読む

可視光・近赤外光用光ファイバカプラを追加リリース

May, 19, 2015, 東京--

フジクラは、これまで情報通信分野向けに提供してきた光ファイバカプラに、新たに工業用・医療用などに用いられる可視光~近赤外光の波長帯域のラインナップを追加した。  医療分野におけるOCT眼底診断、工業分野における計測など、 […]

全文を読む

マイクロ秒ラマンイメージングで病気の細胞や臓器をプローブ

April, 27, 2015, West Lafayette--

生体細胞クラウドの画像を撮ることができる振動分光イメージング技術は、ガンや他の病気を早期に発見するための先端医療診断ツールの代表である。 高速分光イメージングによって、生素早く変化する体細胞内の代謝過程を観察し、組織の広 […]

全文を読む

Cynosure、PicoSure用新532nmレーザデリバリシステムFDA認可

March, 13, 2015, Westford--

Cynosureは、同社のPicoSure用532nm レーザデリバリシステムのFDA 510(k)認可を発表した。これにより、全ての色のタトゥー除去処置回数を減らす、強力なデュアル波長のレーザシステムが実現される。   […]

全文を読む

2 / 3123

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。