ヘッドライン

3Dプリンターで溶ける医療インプラント作製

Michael Sealy holds examples of implants that can be made using the 3-D printers in the College of Engineering's NEAT lab. Sealy, an assistant professor of mechanical and materials engineering, is designing magnesium-based implants -- screws, pins, plates -- that degrade in the body over time. This would eliminate the need for follow-up surgeries to remove the implants and mitigate the aches that permanent implants can cause. October 2, 2018. Photo by Craig Chandler / University Communication November, 19, 2018Austin― ネブラスカ大学リンカーン校助教授Michael Sealyは、様々な患者や目的に調整できる溶ける医療インプラントを開発した。  「永久的な金属インプラントの代わりに、時間とともに分解するものを利用する。インプラントを除去する二度目の手術という考えをなくしようではないか」と同氏は言う。  多くの理由からそれは大きな挑戦である。しかし、同大学はネブラスカ工学部に、その挑戦にふさわしい技術を装備させた。多数の材料と製造プロセスを組み込める世界初の3Dプリンターであり、マグネシウムのような反応性金属

全文

新製品

3dprinter_hp_jet_fusion_3d_4200_printer_cap

HP Jet Fusion 3D 4200/HP Jet Fusion 3D 3200プリンティングソリューション

掲載日:2017/6/20

(株)日本HPは、3Dプリンティング事業を開始し、業務用3Dプリンティングソリューションを販売することを発表した。 新製品「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、設計から

全文